おすすめ洋楽ヒップホップ ラッパー・アーティスト紹介

Pocket

洋楽のおすすめのヒップホップミュージックのラッパー・アーティストを代表曲とともに紹介したいと思います。

おすすめのポップアーティストはこちら

洋楽のおすすめのホップミュージックのアーティストを代表曲とともに紹介したいと思います。 ロック、ハードロック、ヘビーメタル、ブルースは...

おすすめのEDMはこちら

おすすめのEDMのDJ・アーティストを紹介したいと思います。 おすすめのポップアーティストはこちら おすすめのヒップホッ...

90年代以前

Run-D.M.C.

それまでマイナーだったヒップホップというを一躍メジャーにしたヒップホップグループ、Run-D.M.C.。
ラップとロックを融合した先駆け的存在として知られています。
特にAerosmithとのコラボ、「Walk This Way」はあまりにも有名ですね。

Beastie Boys

歴史を塗り替えた白人ヒップホップの草分け的存在で、多大な影響力を持つカリスマ・グループ。
元はハードコアバンドだっただけあって、ロックやパンクの曲をサンプリングすることにより生まれる、曲の荒々しい感じが唯一無二のグルーヴ感を産み出し、ヒップホップからロック、さらにはクラブ・ミュージックにまで広大な影響力を及ぼしました。

Public Enemy

ニューヨークのロングアイランド出身のヒップホップ・グループ。政府やマスメディアなど、既成の権威からの自立を訴える歌詞や、黒人が感じている社会と政治に対する怒りをラップにした社会派ヒップホップの先駆者。
また、ジャンル横断的な革新的な音楽性を持っており、Anthraxとのコラボ曲、Bring The Noiseはニューメタルの元祖として、確実に時代の先を行っていました。

2Pac

HIP HOP界の頂点に立ち、その最大の犠牲者となったレジェンドラッパー。
その型破りなトラックとフリーダムなラップ、それとトラブルメイカーっぷりで西海岸を中心に莫大な人気を集めました。
しかし、1996年9月魔の凶弾に倒れ、25歳の若さでこの世を去りました。

Snoop. Dog

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のヒップホップMC。西海岸ヒップホップ界の重鎮です。
刑務所で仕入れたネタを取り入れた“ワルを絵に描いたような”個性的なラップ・スタイルで頭角を現し、90年代から現在に至るまでヒップホップシーンを盛り上げています。
いきなりスヌープライオンと改名したり、はちゃめちゃで奇想天外な行動とで世界中で人気を博しています。

The Notorious B.I.G.

本名:クリストファー・ウォレス、1972年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。24歳没という短命ながらヒットを飛ばしました。
その巨体から繰り出される豪快なラップに多くのリスナーが魅了されました。
90年代の東西ヒップホップ抗争の犠牲者でもあり、皮肉も彼の死が無意味な抗争を終わらせようとする動きのきっかけとなりました。

Nas

1973年NYのクイーンズブリッジ生まれ。90年代初頭から現代まで、数多くのクラシックを生み、ヒップホップ・シーン最高のリリシストのひとりに数えられています。
歌詞は、ニューヨークのドラッグや貧困といったシリアスなものが多く、リリックの文学性の高さが評価されています。

Jay-z

90年代から現代にかけてのヒップホップシーンを支えてきたレジェンドであり、ビヨンセの夫としても有名なJay-Z。ソウルやファンクの影響をうけており、緻密に構築されたトラックが聞いていて心地よいです。
未だにラッパーとして、ヒップホップ界において重鎮として君臨しております。

90年代から現代にかけてのヒップホップシーンを支えてきたレジェンドであり、ビヨンセの夫としても有名なJay-Z。 そんな彼のおすすめの曲を...

De La Soul

ニューヨークのロングアイランドで結成された、アメリカのヒップホップ・グループ。
独自のユーモアセンスやサウンドを打ち出して行き、革新的な活動を続けてきました。ヒップホップの新たな方向性を示した功績は大きくトラック作りにはファンク、ソウル、エレクトロニカ、ジャズなどのサウンドの要素を取り入れています。
そのため、他のジャンルとの交流も深く、Gorillazの代表曲Feel Good Inc.ではクールなラップを決めています。

00年代

Eminem

ラップゴッドといえば、この人エミネム。
黒人がメインストリームのヒップホップに大旋風を巻き起こした天才ラッパーで。2000年代のラップを代表すると言っても過言ではない、まさにレジェンドです。

今まで数多くのタブーを破り、数々の伝説を生んできた。 泣く子も黙る、ラップゴッド、エミネム! そんなエミネムのおすすめの曲を紹介したいと...

Kanye West


息を吸うだけでゴシップが生まれる、世界一のお騒がせ野郎カニエウエスト。
それでも、彼のプロデュースする曲は本物です。特にトラックメイキングが天才のそれです。

息を吸うだけでゴシップが生まれる、世界一のお騒がせ野郎カニエウエスト。 そんなカニエウエストのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Ka...

Outkast

2000年代のヒップホップシーンをエミネム・カニエと共に盛り上げたAndre3000とBig Boyのヒップホップデュオ。アトランタ出身で、Pファンクを基に、ファンクやソウル、エレクトロニカ、ロックなどの要素を合わせた独創的な音楽スタイルを確立しています。
対照的なキャラである二人のラップスタイルのコンビネーションが素晴らしいです。

Flo Rida

フロリダからやってきた時代の先を行くハイパーなサウンドと唯一無二のフローで世界を席巻する稀代のアゲアゲ系アーティスト、フローライダー。
そのノリノリっぷりは聞くだけで心がはじけて、楽しい気分になれますよ!

フロリダからやってきた時代の先を行くハイパーなサウンドと唯一無二のフローで世界を席巻する稀代のアゲアゲ系アーティスト、フローライダー。 そ...

Pitbull

クラブのアゲアゲ系の音楽のアーティストといって真っ先に思いつくであろうアーティストといえば、やっぱりこの人、ピットブル!
ラテン系のノリがたまらないですね~~

クラブのアゲアゲ系の音楽のアーティストといって真っ先に思いつくであろうアーティストといえば、やっぱりこの人、ピットブル! そんな彼のおすす...

Lil Wayne

ルイジアナ州ニューオーリンズのラッパー。「生きている中で最高のラッパー」を自称しており、Lil’ Weezy「ウィージー」の愛称でも呼ばれています。
ねっとりとした中毒度高めな粘着質ラップをスピットしながら、若干オフ・ビート気味のフロウを自由自在、気ままに変幻自在にこなす理論派というよりは天才肌よりのラッパー。良い意味でリスナーの期待を裏切ってきます。

N.E.R.D


フジロック2018のヘッドライナーとしても登場した彼ら。
ヒップホップをベースにロックやファンクを取り入れたけっこう攻撃的なサウンドで人気を博しました。
ボーカルのファレル・ウィリアムスはソロの方が有名かもしれませんね。

フジロック2018のヘッドライナーとして金曜日の来日が決定したナード。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 N.E.R.D...

Tyler The Creator

ラップをはじめで様々な分野でクリエイターとして天才的な活躍をしているタイラー・ザ・クリエイター。
自分でも独特だと自称しているだけあって、かなり癖のある曲が多かったと思いますが、なんか妙な中毒性というか心地のよさを感じます。

ラップをはじめで様々な分野でクリエイターとして天才的な活躍をしているタイラー・ザ・クリエイター。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思い...

Flying Lotus

ジャズ、ヒップホップ、エレクトリック。こんな完璧に異なる3ジャンルの音楽を見事融合した天才アーティスト、フライングロータス。
幻想的な世界観にきっとやみつきになってしまうことでしょう。

ジャズ、ヒップホップ、エレクトリック。こんな完璧に異なる3ジャンルの音楽を見事融合した天才アーティスト、フライングロータス。 そんなフライ...

10年代

Kendrick Lamar

2010年代のヒップホップを代表すると言っても過言ではない、ラッパー、ケンドリックラマー。
トラックはもちろんのこと、彼のつづる歌詞はラップというジャンルを超えた、もはや一人のアメリカ国民としての社会性あふれるリアルなもので、聞く者の心を打ちます。
フジロック18でのパフォーマンスは素晴らしいものでした。

2018年のグラミー賞のラップ部門を受賞するとともに、そこでのパフォーマンスで全世界を席巻し(あの明石家さんまさんをして、あいつかっこいいわ...

Chance The Rapper

アメリカ・イリノイ州シカゴ出身のヒップホップ・アーティスト。オンライン上で音源を無料公開するなど、従来の音楽ビジネスにとらわれないスタイルながら、フォーブスの「最も稼ぐヒップホップアーティスト」では5位に輝くなど、名実ともにヒップホップ・シーンの最高峰に立つアーティストです。

2018年のSUMMER SONICについに待望の来日を果たすチャンスザラッパー。 そんなチャンスザラッパーを今回は紹介したいと思います。...

Drake

カナダが生んだ天才ラッパーのスーパースター、ドレイク。
デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代表するアーティストの一人です。
名曲のオンパレードなので、ぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

カナダが生んだ天才ラッパーのスーパースター、ドレイク。 デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代...

Post Malone


1995年生まれのアメリカのラッパー。2010年代の白人ラッパーで一番勢いがあると言っても過言ではない、ポスト・マローン。
かなりルーズながらもエモーショナルなスタイルに、気づいたら彼の曲に夢中になっています。

2017年にもっともブレイクし、2018年のフジロックにも金曜日出演が決定したポストマローン。 そんな、ポストマローンのおすすめの曲を紹介...

G-Eazy


1989年、カリフォルニア生まれのラッパー。Good Lifeがワイルドスピード アイスブレイクのテーマ曲として使われ一気にブレイクしたG-Eazy。
ポストマローンとともに白人ラッパーとして2010年後半から一気に注目の的になりました。

Good Lifeがワイルドスピード アイスブレイクのテーマ曲として使われ一気にブレイクしたG-Eazy。 そんなG-Eazyのおすすめの...

Anderson.Paak


自身はドラムを演奏したりと、今までにない独特の演奏スタイルを誇る、ラッパー、アンダーソン・パーク。
R&Bやファンク要素がかなり濃いですが、彼自身のラップの実力もなかなかのものです。

最近一気にブレイクし未だ謎多きラッパー、アンダーソン・パーク。 そんなアンダーソン・パークのおすすめの曲を紹介します。 Anders...

Future


名前の通り、まさに次世代の一つ先を行っているラッパー、フューチャー。オートチューンを駆使したラップといい、ドリルスネアを駆使したメロディといい、かなりクールです。

名前の通り、まさに次世代の一つ先を行っているラッパー、フューチャー。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 Futureとは?...

A$AP Rocky


ダブステップやサイケデリックと様々なジャンルをヒップホップと融合させた音楽性が魅力的な、エイサップ・ロッキー。
彼のサイケでもあったり、王道R&Bだったりするヒップホップ音楽はかなり魅力的ですね。自身はファンキーで陽気な性格なくせに、けっこう曲はシリアスなのもグッド。

ダブステップやサイケデリックと様々なジャンルをヒップホップと融合させた音楽性が魅力的な、エイサップ・ロッキー。 そんな彼のおすすめの曲を紹...

Travis Scott

カニエ・ウェストやケンドリック・ラマーといった大物ラッパーからも認められ、一気にヒップホップ界のトップへと登り詰めた男、トラヴィス・スコット。
トラップを見事に汲んだ曲に居心地のよさを感じます。

カニエ・ウェストやケンドリック・ラマーといった大物ラッパーからも認められている。今人気急上昇中のラッパー、トラビス・スコット。 そんな彼の...

Stormzy


イギリス発のグライム・ラッパーとして、エド・シーランとのコラボでも話題になり、2019年のグラストンベリーフェスティバルにも若くして金曜日のヘッドライナーが決定しました、ストームジー。
グライムラップの期待の星として今後も目が離せないですね。

イギリス発のグライム・ラッパーとして、エド・シーランとのコラボでも話題になり、2019年のグラストンベリーフェスティバルにも若くして金曜日の...

Wiz Khalifa

ペンシルベニア州ピッツバーグを拠点に活動しているラッパー。
その見た目の強烈な個性とは裏腹に、心地よいラップとファンクののりとポップさを含んだ柔らかく聴きやすいラップを展開します。

Brockhampton


おしゃれなヒップホイップグループ、ブロックハンプトン。
ヒップホップの中でも異端児といわれる彼らだけあって、非常にエキセントリックで独特な曲ですが、それに何とも言えない妖しげな魅力があります。

今話題の、おしゃれなヒップホイップグループ、ブロックハンプトン。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Brockhampt...

他ジャンルのおすすめ記事

ロック、ハードロック、ヘビーメタル

洋楽のおすすめのロックミュージックのアーティストを代表曲と共に紹介したいと思います。 ポップ、R&Bはこちら テクノ、E...
洋楽のおすすめのハードロックのアーティストを代表曲とともに紹介したいと思います。 おすすめのロックアーティストはこちら ...
洋楽のおすすめのヘビーメタルのアーティストを代表曲とともに紹介したいと思います。 おすすめのロックアーティストはこちら ...

テクノ、EDM

洋楽のおすすめのテクノ・エレクトロニカミュージックのアーティストを代表曲と共に紹介したいと思います。 ポップ、R&Bはこちら ...
おすすめのEDMのDJ・アーティストを紹介したいと思います。 おすすめのポップアーティストはこちら おすすめのヒップホッ...

ソウル、ファンク、ブルース、レゲエ、ジャズ、フュージョン

おすすめの洋楽のR&B、ソウル、ファンク、ブルース、レゲエ、ジャズ、フュージョンのアーティストを代表曲と共に紹介したいと思います。 お...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする