Brockhamptonのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Bending River [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons
Pocket

今話題の、おしゃれなヒップホイップグループ、
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Brockhamptonとは?

2015年にテキサス出身のラッパー/プロデューサー、ケヴィン・アブストラクトを中心に結成される。メンバーの多くがカニエ・ウエストのファンサイト” KanyeToThe”の掲示板で知り合った事から<インターネット最初のアメリカン・ボーイバンド>と自称している。シンガー、DJ、フォトグラファー、エンジニア、プロデューサー、グラフィック・デザイナー、ツアーマネージャーまで内包する大所帯のクリエイティブ集団でもはや一つのベンチャー企業のようなものです。
2017年に3部作となったアルバム『Saturation』で大きな注目を集め、2018年3月にRCA Recordsとメジャー契約、1500万ドルとも言われる大型契約で話題を集めた。2018年にはCoachellaをはじめとした世界各地のフェスに出演。2018年9月、RCA Recordsと契約後、初となるアルバム『Iridescence』をリリースし、着実にファンを拡大している。
2019年にサマソニで初来日します。

Brockhamptonのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Gold(収録アルバム:Saturation)

彼らの初期作Saturationの名曲。ノンストップにつづられるラップがかっこいいです。

Sweet(収録アルバム:SaturationⅡ)

各人のテイストの違うラップの変遷が聞くものを飽きません。オリエンタルな雰囲気を感じさせるトラックがドラッグのように中毒性があります。

Boogie(収録アルバム:SaturationⅢ)

彼らを一躍有名にした曲といえばこれじゃないでしょうかね。バックでサイレンのごとく鳴り響くサンプリングに、ワイルドにラップを決める彼らがかっこいいです。

1998 Truman(収録アルバム:)


Saturationシリーズからの新たな幕開けを飾るにふさわしい曲。とにかくアグレッシブなラップとトラックがかっこいいです!大所帯だからこそ構築可能な曲って感じです、まさに!

1999 Wildfire(収録アルバム:)


彼らの曲の中ではキャッチーな部類に入るのではないでしょうか。
シンガロングコーラスが聞いていて心地よいですね~、なんとも楽しげで最高ですね

J’OUVERT(収録アルバム:Iridescence)

フックのきいたラップがメロウなライムにすごくぴったりと合ってます。凛とした雰囲気の中に陽炎が燃えているかのようなイメージを感じました。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Sweet
  2. 1998 Truman
  3. Boogie

おわりに

いかがだったでしょうか。とにかくヒップホップの中でも異端児といわれる彼らだけあって、非常にエキセントリックで独特な曲ですが、それに何とも言えない妖しげな魅力があると思います。
彼らのこれからの活躍に期待ですね。