Migosのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

The Come Up Show, CC BY 2.0 , via Wikimedia Commons
Pocket

2013年のデビューから破竹の勢いを見せているミーゴス。
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Migosとは?

ミーゴスは2008年にジョージア州ローレンスヴィルで結成されました。メンバー3人は血縁関係にあり、Quavo(クエイヴォ)はTakeoff(テイクオフ)の叔父、Offset(オフセット)はQuavoのいとこです。
2011年に初めてのミックステープを作成し、2013年、Migosはデビュー・シングル「Versace」をリリースし、これがDrakeがリミックスにかかわったことで注目を浴びました。
2015年に、デビュー・アルバム『Yung Rich Nation』がリリースされ、ここから勢いをつけていきます。
2016年に、先行シングル「Bad and Boujee」をリリース、し、これがMigosにとって初の全米ナンバーワン・シングルとなりました。
そして満を持して2017年1月27日、2作目のアルバム『Culture』がリリースされ、全米1位を記録します。
2018年1月26日、3rdアルバム『Culture II』をリリースさし、これも全米1位を記録し人気を確固たるものにします。
2021年6月『Culture』三部作のラストとなる『Culture III』がリリースされました。

Migosのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Versace(収録アルバム:Y.R.N. (Young Rich Niggas))

彼らのデビュー曲ともいえる曲。
Versaceというワードをこれでもかと口にしており、耳に残りますね。
金属音もいいですね。

One Time(収録アルバム:Yung Rich Nation)

流行りに乗ったトラップの効いたドープなラップ。スモーキーなムードもいいですね。

Bad and Boujee(featuring Lil Uzi Vert)(収録アルバム:Culture)

リル・ウジ・バートをフィーチャリングした曲で、彼らの人気を確固たるものにした曲。
不穏な雰囲気ながらも、どこか爽快さもありますね。
ドリムンベースの刻むビートに、歌詞はまぁヒップホップによくある成功した自分について歌っています。

T-Shirt(収録アルバム:Culture)

ドラッグカルチャーについて歌った曲。
ドロドロなメロディにケンドリックラマーみたいな、音節をきっちり区切るラップがいいですね。

Slippery(featuring Gucci Mane)(収録アルバム:Culture)

グッチメインをフィーチャリングした曲。
ミステリアスなフロウに薄氷を滑るかのようなデリケートながらも大胆なラップがいいですね。

Deadz feat. 2 Chainz(収録アルバム:Culture)

シンフォニックなサウンドで荘厳なムードから始まり、ゴージャスにラップする彼らがクールでかっこいいです。

MotorSport(with Nicki Minaj and Cardi B)(収録アルバム:Culture II)

ニッキーミナージュとカーディBという不仲でおなじみの二人をフィーチャリングしている曲。もうこの時点で面白いです。
色々とめちゃくちゃな彼ら彼女らが好き放題ラップしているのでかなり破天荒な仕上がりになっており、それが芸術になっています。

Stir Fry(収録アルバム:Culture II)

けっこう明るめのビートをバックにコミカルなラップが展開されます。

Walk It Talk It(featuring Drake)(収録アルバム:Culture II)

そもそも関わりのあったドレイクと遂にコラボした曲。
Walk It like I Talk Itというフレーズがどことなくキャッチーで耳にのこりますよね。

カナダが生んだ天才ラッパーのスーパースター、ドレイク。 デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代...

Pure Water(with Mustard)(収録アルバム:)

マスタードと共作した曲。
リズミカルなトラックとラップが癖になりますね。

Need It(featuring YoungBoy Never Broke Again)(収録アルバム:Culture III)

YoungBoyとNever Broke Againをフィーチャリングした曲。
軽快ながらスピーディなリズムにアクセントの効いたラップがかっこいいですね。

Straightenin(収録アルバム:Culture III)

なんというか神殿の中に流れている風のようなトラックをバックに、嵐のようなラップが襲い掛かります。

Avalanche(収録アルバム:Culture III)

トランペットが吹き荒れる中、質実剛健な貫録たっぷりのラップをバッティングさせており、その勢いたるやまさに雪崩です。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Bad and Boujee
  2. Motorsport
  3. Slippery

Cultureから聴きましょう!

おわりに

いかがだったでしょうか。ヒップホップ界の中で勢いがあるのも納得の曲群でしょう!
ぜひ聞いてみてください。

Migosを聞くならおすすめの他アーティスト

Future

雰囲気とかけっこう似ていると思います

名前の通り、まさに次世代の一つ先を行っているラッパー、フューチャー。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 Futureとは?...