Afrojackのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By DJ Meekz [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
Pocket

世界をまたにかけるスーパーDJ、
そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。

Afrojackとは?

1987年、オランダのロッテルダム郊外にて生まれる。5歳の頃からピアノを弾き始め、11歳の頃には曲作りに没頭する。2007年に自身のレーベルを立ち上げると、2010年にシングル『Take Over Control』がヒットし知名度を上げる。2011年には、ピットブルのシングル『Give Me Everything』をプロデュースし、ビヨンセの『Run The Worlds』もプロデュースを行い、プロデューサーとしても頭角を現す。2014年に、シングル『Ten Feet Tall』をリリース、これまらヒット。2015年には三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのシングル「Summer Madness」を提供し、日本で話題になる。
日本には、ウルトラジャパン、EDCといった大型フェスをはじめ、ハウステンボスやクラブ・Agehaでプレイしたりとけっこうな頻度で来日しています。

Afrojackのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

No Beef(with Steve Aoki featuring Miss Palmer)(収録アルバム:)

スティーブ・アオキとの共作。とにかくボーカルもシンセノイズもグロテスクというかエキセントリックというかミステリアスというかとにかく複雑怪奇の一言。ただ、それでいてめちゃくちゃ盛り上がるからEDMはやめられないです。

とにかく王道的な盛り上がりを展開するDJプレイを見せてくれるスティーブ・アオキ。 今回はそんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 ...

Can’t Stop Me(with Shermanology)(収録アルバム:)

Shermanologyとのコラボ作品。とにかく勢いと力強さがある曲でいいですね。ドロップ部分の爽快感っぷりは最高です。

Rock The House

ハウスなのにロック、、?と不思議な曲名ですが、まぁどっぷりとアフロジャックらしいハウスな曲です。
襲い掛かってくる音のビートが体をこれでもかと震わせてくれます。

Take Over Control(収録アルバム:)

オランダのエヴァ・シモンズをフィーチャリングしたゴリゴリなEDMアンセム。
ドロップ部分の中毒性の高い電子音のフレーズは聞いたことあるのではないでしょうか。

Turn Up the Speakers(with Martin Garrix)(収録アルバム:)


若手の超イケイケDJ、マーティン・ギャリックスとタッグを組んだこの曲。いやさすがに人気者どうしのコラボだけあって、めちゃくちゃにやばいくらいに盛り上がる曲となっています。

世界のDJランキングの栄えある1位でおなじみのマーティン・ギャリックス。 そんなマーティン・ギャリックスのおすすめの曲を紹介したいと思いま...

Ten Feet Fall(収録アルバム:)

マシュメロともフィーチャリングしたWrabelの歌声が魅力的な曲。ビルドアアプトドロップ部分のキラキラっぷりがたまらないですね。歌詞の内容も非常に開放的で聞いていて爽快な気分になります。

マシュマロの被り物をした謎多きDJ、マシュメロ。 そんなマシュメロのおすすめの曲を紹介していきたいと思います。 Marshmelloとは...

The Spark(収録アルバム:)

心地よいスプリー・ウィルソンのボーカルにアフロジャックのおしゃれな電子音が乗っかったダンサンブルなナンバー。タイトル通り、まるで星のように明るく輝いている曲です。

SummerTing! ft. Mike Taylor(収録アルバム:)

夏のわくわく感が、これでもかとギュッと詰められているキラーチューン。このキラキラした音作り、アフロジャックの真骨頂っすよね。

Another Life (with David Guetta featuring Ester Dean)(収録アルバム:)


ゲッタ先生との共作。
Ester Deanの美しいボーカルについ聞きほれながら、EDM特有の浮遊感溢れるメロディにうっとりしてしまいます。

常にEDMシーンの最先端を走り続けているカリスマ超人気DJ、デヴィッド・ゲッタ。通称ゲッタ先生。 そんなデヴィッドゲッタのおすすめの曲を紹...

Hey with Fais

Faisにフィーチャリングという形で参加した曲。あまり目立たないようにメロディを作ってますが、ところどこら感じさせるハウス節が曲にしっとりとした落ち着いた雰囲気と上品さを与えています。妙なのどかさもいいですね~

Dirty Sexy Money with David Guetta ft Charli XCX & French Montana(収録アルバム:)

デヴィッドゲッタとの共作。
charli XCXの妖艶なボーカルに、二人のコミカルの音作りがノリノリな雰囲気を形成してくれます。
途中のフレンチ・モンタナのラップもアクセントが聞いていていいっすね。

Bed of Roses(featuring Stanaj)(収録アルバム:)

何重にも折り重ねられているボーカルとメロディが壮大な曲。Stanajの力強くも繊細なボーカルが美しいです。聞いていると、心が落ち着ていくことがわかります。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Ten Feet Fall
  2. Turn Up The Speakers
  3. Dirty Sexy Money

おわりに

いかがだったでしょうか。全体的にオシャレな曲が多いのがアフロジャックの特徴ですね。超人気DJなので、これからも、ぜひ聞いてみてください。

ライブレポート

ULTRA JAPAN 2018のライブレポートはこちら

会場まで 今年ウルトラ行こうか迷ったんですが、休日の仕事が2時に終わったので、これはいけるとなり、急遽参戦確定。この時、暑かったからいい感...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする