Skrillexのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Weekly Dig (Flickr: Skrillex) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
Pocket

EDM界の有名DJで、2018年のフジロックに出演が決定したSKrillex。
そんなSkrillexのおすすめ曲を紹介していきます。

Skrillexとは?

1988年米ロサンゼルス出身。フロム・ファースト・トゥ・ラストというハードコア・バンドのリード・シンガーだったSonny John Mooreが声帯を痛めバンドを脱退後始めたのがこのプロジェクト。SKrillexはEDMの中でもブロステップと呼ばれるジャンルに当てはまります。2010年6月にインディーレーベルでミニ・アルバムMy Name Is Skrillexをリリースしただけで、メジャー契約し、スケアリー・モンスターズ・アンド・ナイス・スプライツをリリース。第54回グラミー賞で、3部門を受賞。その後リリースされたEP『バンガラング』では前年に引き続き、第55回グラミー賞の2部門を受賞。2015年にはDiploとのユニットであるJACK Uとしてアルバムをリリース。Justin Bieberをゲストに迎えた楽曲「Where Are U Now」が世界的に大ヒットしたことはご存知の方も多いのではないでしょうか。第58回グラミー賞で2部門を受賞。ここ日本でも単独公演は即完し、FUJI ROCK 13でホワイトステージのヘッドライナーとして登場し、ガンダムのコックピットに模したセットで登場して観客を興奮の渦にまき、雷雨の中パンパンにつまったオーディエンスを熱狂させました。日本が大好きな彼は、よくプライベートでも来日、道端でファンに声をかけられ、気軽に写真撮影に応え、そのファンがツイッターで写真を公開することにより、「スクリレックスが渋谷にいる!」と情報が拡散し、多くのファンが渋谷に集まり話題になりました。

Skrillexのおすすめ人気曲、代表曲

Bangarang (feat. Sirah)(収録アルバム:Bangarang)


騒動というタイトル通り、非常に騒がしくてハチャメチャな曲。
MVの汚いマリオみたいなおっさんが面白くて印象的。

Fist of the Year(収録アルバム:)


不穏な感じが流れるイントロに、これぞSKrillexというサビの怒涛のシンセノイズ。
MVがかなり奇想天外な展開で面白い。

Kyoto(収録アルバム:Bangarang)


京都という名前がついているものの京都要素ゼロの曲。あほみたいに盛り上がります。

Kill Everybody(収録アルバム:Scary monsters and nice sprites)


I want to kill everybody in the world!!とひたすら叫びまくってるヤバい曲。でもすごく元気が出る曲。

Scary monsters and nice sprites(収録アルバム:Scary monsters and nice sprites)


どこまでも落ちてくトランスペアレントな音空間に流れる美しくもノイジーな電子音のサウンド、そしてそれを突如として破壊する奇天烈なサンプリングと、ゴリゴリにエフェクトされ圧縮されたベースサウンド、その音の七変化を嗜む曲。
本曲に転換の際に挿し込まれる「Yes! Oh my god!」は、有名な動画「キーボードクラッシャー」からのサンプリング。

Rock n’ Roll(収録アルバム:Scary monsters and nice sprites)


Hello again, to all my friends, together we can play some rock n’ roll. というフレーズを繰り返してるだけなのにかっこいいというEDMの真骨頂を味わえる曲。

Ragga Bomb(収録アルバム:Recess)


ヘヴィーだけどメロディアスなブロステップがテンションをうなぎのぼりさせます。
激しいノイズの暴力に思わずノックアウトされそうです。

Try It Out(収録アルバム:Recess)


スクリレックスらしく相変わらず盛り上がりところでの、パーカッシブなシンセノイズのマシンガンがすごいですね。
また、MVに富士山が登場します。

Cinema(収録アルバム:)


cinemaとメロディアスに展開される部分と、攻撃的電子音とビープ音の暴力で展開される部分のコントラストが素晴らしい曲です。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

Skrillexはアルバムというか曲をダウンロードしてった方がいいかもしれないっす。

  1. Fist of The Year
  2. Scary monsters and nice sprites
  3. Bangarang

Scary monsters and nice spritesかなー

おわりに

いかがだったでしょうか。EDMを聞くうえでは、避けては通れないアーティストだと思うので是非聞いてみてください。

2018のライブレポートはこちら

part1はこちらです。 二日目 朝 さて、こんなそんなで早朝だけど、驚くことに意外と元気で、キャンプに戻った後、テントの...