Charlie Puthのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By LG전자 [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
Pocket

瞬く間に世界的ビッグネームになった、新世代のポップスター、チャーリー・プース
そんな、彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。

Charlie Puthとは?

1991年生まれアメリカ、ニュー・ジャージー出身。
2011年に、人気ブロガー=ペレス・ヒルトンが主催したカヴァー曲コンテスト「Can You Sing?」にエントリーするためYouTubeにアップしたアデル「サム・ワン・ライク・ユー」のカヴァーをし、見事優勝。それを見たアメリカTV界の大スター、エレン・デジェネレスに見いだされエレンが設立したレーベル=イレヴンイレヴン・レコードと契約を結ぶ。
その後、イレヴンイレヴンを離れ、遂にアトランティック・レコードとメジャー契約を果たしたチャーリーは、2015年2月にデビュー・シングル「マーヴィン・ゲイ」を発表。メーガン・トレーナーをゲストに迎えたりと、話題になる。
その後、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』からのシングル、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」にもゲスト参加。全米シングルチャートで通算12週1位に輝く。その後、ファーストアルバム『Nine Track Mind』をリリース。2017年には、セカンドアルバム『ヴォイスノーツ』をリリース。往年のソウル・フレイヴァーを昇華させた独自のレトロ・ポップ感覚と美少年風のルックスで人々を魅了する彼は今最も波にのっているアーティストの一人である。

Charlie Puthのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

See You Again(Wiz Khalifa)(収録アルバム:)

チャーリー・プースを一躍有名にしたこの曲。映画『ワイルドスピード SKY MISSION』の主題歌であり、事故で亡くなったポール。ウォーカーに捧げた曲です。Wiz Khalifaの楽曲にフィーチャリングしたという形ですが、すっかり彼の代名詞となっています。エモーショナルにのびやかに歌い上げるチャーリーのボーカルは尊すぎますね。

Marvin Gaye(featuring Meghan Trainor)(収録アルバム:Nine Track Mind)

チャーリーのデビューシングルにして、同じく新世代のスター、メーガン・トレーナーとのコラボ曲。
マーヴィン・ゲイといえば、惜しくも早世したソウルシンガーとして有名ですが、そんな彼について歌った曲、、と思いきや、普通にラブラブ青春ティーンソングで、マーヴィン・ゲイは、彼の曲のような雰囲気でS〇Xをしようという、あんまりな使われ方をしています(笑)でもいい曲ですよ、ほんとに。

One Call Away(収録アルバム:Nine Track Mind)

See You Againで波に乗るチャーリーにさらに勢いを与えたのはこのバラード曲。こちらもチャーリーの代表曲といえるのではないでしょうか。しっとりと流れるバックのミュージックが綺麗ですね。

We Don’t Talk Anymore(featuring Selena Gomez)(収録アルバム:Nine Track Mind)

どことなく優しく、そして香ばしいこの曲。チャーリーとゴメスの美しいボーカルのユニゾンが聞くものを至高の領域へと昇華させてくれます。

ハリウッドのセレブを語るうえで欠かせない存在のセレーナ・ゴメス。 そんなゴメスのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Selena Go...

How Long(収録アルバム:Voicenotes)

終始ノリノリな雰囲気のこの曲。こういう若さに溢れる曲を聞くとこっちまでウキウキになれますからいいですよね。

Done for Me(収録アルバム:Voicenotes)

ケラーニも参加したこの曲。Done for meというのは、なんてことをやってくれたんだ!?という男性側の怒りとそれを軽くいなす女性のやり取りが妙にリアルですよ。

Attention(収録アルバム:Voicenotes)

こういうシックに落ち着いた曲こそがチャーリー・プースの真骨頂ではないのかと常々僕は思うわけですが、皆さんはどうですか?この曲のチャーリーとかセクシーでたまりませんね。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. See You Again
  2. One Call Away
  3. Attention

ファーストアルバムのNine Track Mindから聞いていけば良いと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。ニューカマーとして、次期ポップスターになれる逸材だとは思いませんか??
日本にも2018年の11月に来日するみたいなので、ぜひライブを見に行ってはどうでしょうか?