Selena Gomezのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Mikey Hennessy [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons
Pocket

ハリウッドのセレブを語るうえで欠かせない存在のセレーナ・ゴメス。
そんなゴメスのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Selena Gomezとは?

1992年7月22日、アメリカ・テキサス州グランドプレーリー生まれの女優、歌手、モデルです。劇場演劇の女優であった母の影響を受けて、小学生になって間もない7歳の頃から子役として活動を開始する。12歳のときに、ディズニー・チャンネルに見いだされ、2007年に『ウェイバリー通りのウィザードたち』の主役3人の内の1人アレックス・ルッソ役に抜擢され、これにより一気に知名度を獲得する。2011年の『スプリング・ブレイカーズ』で、ジェームズ・フランコ、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュレイ・ベンソンと共演し、女優としてのキャリアを着実にステップアップしていった。それと同時に歌手活動もスタートし、2013年に、ソロ名義としては1stアルバムの『スターズ・ダンス』が全米チャートで一位を獲得する。
2015年には、2ndアルバム『リバイバル』をリリース。こちらも全米一位を獲得する。
また、ジャスティン・ビーバーやザ・ウィークエンドとつきあっていたことでも有名。

世界一愛されており、なおかつ世界一嫌われているともいえるポップスター、ジャスティンビーバー。 そんなジャスティンビーバーについて紹介いたし...
この数年一気にブレイクし、世界的スターへと駆け上がったザ・ウィークエンド。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 The ...

Selena Gomezのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Come & Get It(収録アルバム:Star Dance)


セレーナゴメスの若さと情熱にあふれた楽曲。独特なメロディがくせになります。

Slow down(収録アルバム:Star Dance)


アップテンポでノリノリな曲です。フロアを熱狂させるのにおすすめですね。

I Want You To Know(収録アルバム:)

Zeddの楽曲にフィーチャリングとして参加した曲。明るくてノリノリになれる曲です。こういうメロディはまさにZeddの十八番ですね。

日本で一番人気があると言っても過言ではないほどの人気を誇るDJ、Zedd! そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 Zeddとは...

The Heart Wants What It Wants(収録アルバム:For You)

切ない失恋ソングです。この頃から歌の表現力が上がってきたなぁって思います。

We don’t talk anymore(収録アルバム:)

チャーリープースの楽曲にフィーチャリングで参加。かなり優しくおちつくメロディに、チャーリープースの艶のあるボーカルが見事にマッチしています。

瞬く間に世界的ビッグネームになった、新世代のポップスター、チャーリー・プース そんな、彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 Char...

Same Old Love(収録アルバム:Revival)

一時期、クラブでけっこう流れていたのでサビとか知っている方も多いのではないでしょうか。微妙にサイケデリック感のあるトラックが個人的に好きです。

Hand to Myself(収録アルバム:Revival)

こじんまりとした曲ですが、聞いていて心が落ち着いてくる良い曲です。
MVではセレーナゴメスの過激な姿が見られます。

It Ain’t Me with Kygo(収録アルバム:)

Kygoの楽曲にフィーチャリングとして参加。カイゴの作り出す甘美な世界に、セレーナゴメスのきれいなボーカルが綺麗にはまっています。

トロピカルEDMとして有名なDJ、カイゴ。 そんなカイゴのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Kygoとは? 1991年生まれのノル...

Bad Liar(収録アルバム:)

曲というよりも詩って感じの曲。聞いていると心が和やかになります。

Wolves(収録アルバム:)


マシュメロとの共作。全体的にきれいな曲という印象を持ちます。聞いてると心がウキウキになってきます。

マシュマロの被り物をした謎多きDJ、マシュメロ。 そんなマシュメロのおすすめの曲を紹介していきたいと思います。 Marshmelloとは...

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Wolves
  2. Bad Liar
  3. Hand to Myself

おわりに

いかがだったでしょうか。非常にキュートなゴメスですか、それとは裏腹にけっこう大人びた曲が多くて、度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。ハリウッドを語るうえで欠かせない人物なので、楽曲もぜひキャッチアップしましょ!