Kygoのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By The Come Up Show from Canada (Kygo) [CC BY 2.0 ], via Wikimedia Commons
Pocket

トロピカルEDMとして有名なDJ、
そんなカイゴのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Kygoとは?

1991年生まれのノルウェー、ベルゲン出身のDJ、音楽プロデューサー。シンガポールで生まれたのち、6歳のときにピアノを習い始め、16歳に本格的に音楽作りをはじめる。そしてスコットランドのヘリオット・ワット大学に進学する。
2014年『Firestone』でデビュー。この曲がいきなりヒットし、一気に注目のDJとなる。
2016年にはデビュー・アルバム『クラウド・ナイン』をリリース。これが当然の如く世界中でヒットする。
また、リオデジャネイロオリンピックでパフォーマンスをして話題になる。
2017年に2ndアルバム『Kids in Love』をリリース。
また、呼び方としては、キーゴも正しいらしい。

Kygoのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Firestone (featuring Conrad Sewell)(収録アルバム:Cloud Nine)

Conrad Sewellをフィーチャリングした曲で、カイゴの最強のデビュー曲。燃え上がる恋愛の火花を、火打石に喩えたロマンティックな曲で、おしゃれにダンスするのにピッタリな曲です。

Stole The Show feat. Parson James(収録アルバム:Cloud Nine)

カイゴの代表曲、とにかくメロディアスでロマンティックな曲ですね。夢の国、ワンダーランドに迷い込んでしまったかのような錯覚を与えてくれます。

Stay (featuring Maty Noyes)(収録アルバム:Cloud Nine)

マティ・ノイエスをフィーチャリングした楽曲。のんびりと聞くのにぴったりでトロピカルな雰囲気にとろけてしまいそうです、妙に感じられる切なさもグッド。、

Nothing Left (featuring Will Heard)(収録アルバム:Cloud Nine)

ウィル・ハートをフィーチャリングした曲、スローテンポで穏やかなサウンドが心地よいです。夜のお散歩とかにぴったりな曲ですね。

It Ain’t Me(with Selena Gomez)(収録アルバム:Stargazing)

セレーナゴメスとの共作。カイゴの作り出す甘美な世界に、セレーナゴメスのきれいなボーカルが綺麗にはまっています。

ハリウッドのセレブを語るうえで欠かせない存在のセレーナ・ゴメス。 そんなゴメスのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Selena Go...

First Time(with Ellie Goulding)(収録アルバム:Stargazing)

あのエリー・ゴールディングを迎えた曲。切ないトラックに綺麗なエリーゴルディングスのボーカルが見事なハーモニーを奏でています。聞いていると心の琴線を震わせてくれながら、それと同時に心を落ち着かせてもくれます。

Stargazing(featuring Justin Jesso)(収録アルバム:Stargazing)

ジャスティン・ジェッソの歌声とカイゴのトロピカルな世界観が、これでもかとマッチしている曲。甘くも切なくほろ苦い歌詞もいいですね~

Kids in Love(featuring The Night Game)(収録アルバム:Kids in Love)

少しずつ盛り上がっていく感じがたまらない楽曲。サビでの弾けっぷりがいいですね。夢の中を自由に飛び回っているかのような、煌びやかな世界を感じられます。

Reminds Me to Forget(収録アルバム:Kids in Love)

終わってしまった関係を諦めきれない男の悲哀について歌った曲。カイゴの美しく煌びやかなトラックが、その痛みを洗い流してくれるかのようです。

You’re gone feat Ed Sheeran(収録アルバム:)

超人気シンガーソングライター、エドシーランをフィーチャリングした曲。シックでモノクロな世界へと誘ってくれます。眼前に美しい世界が広がっていくのが感じられます。

名曲、Shape of Youが大ヒットし、いまや日本ですらこの人の曲を聞かないことはないのではないかというレベルでヒットしているエドシーラ...

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Firestone
  2. Stole The Show
  3. Kids in Love

Cloud Nineから聞いていくのが良いと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。彼の奏でる甘美でトロピカルな世界に夢中になってしまったのではないでしょうか。
まだ年齢も20代でこれから、さらに良い楽曲を作ってくれるものだと思いますので、これを機に、ぜひカイゴ(キーゴ)を聞いてみてはいかがでしょうか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする