Camila Cabelloのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By orangesporanges from Sydney [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
Pocket

フィフスハーモニーを脱退して、ソロになってからも飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している、
そんなカミラ・カベロのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Camila Cabelloとは?

キューバのハバナ生まれ。6歳のときに父親の故郷であるメキシコへ飛行機で向かい、その後アメリカ合衆国のフロリダ州マイアミへ移住し、そこで育った。
2012年にガールズグループ、フィフス・ハーモニーのメンバーとして、オーディション番組『Xファクター』に出演。そこでのパフォーマンスで人気を獲得し、2013年にデビューした。グループとして2枚のアルバムに参加したが、その一方でソロとして2015年にショーンメンデスとの共作で『I Know What You Did Last Summer』をリリース。これが反響を受ける。
そして、これによりソロをやりたいという思惑が強まったからなのか、2016年12月に脱退した。
2017年5月に脱退後初となるシングル「Crying in the Club」をリリースし、本格的にソロアーティストとして始動。
同年9月にヤング・サグをゲストに迎えた楽曲「Havana」をリリース。この楽曲は全米チャート1位を記録したのをはじめとして世界各地のチャートで1位を記録する大ヒット曲となった。
2018年1月に1stアルバム『CAMILA』をリリース。全米アルバムチャート初登場1位を記録した。
まさに、今勢いに乗っている、ソロ女性シンガーです。

Camila Cabelloのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

I Know What You Did Last Summer (with Shawn Mendes)(収録アルバム:)


ショーン・メンデスとのコラボ作品。お互い今を時めくもの同士、その勢いを誇示するかのような攻撃的なメロディでエモーショナルな曲を展開しています。

Bad Things(with Machine Gun Kelly)(収録アルバム:)


ラップに、カミラの艶のあるサビのボーカルが、とにかく尊い曲です。

Crying in the Club(収録アルバム:)

失恋した友人を励ます曲で、クラブで涙は似合わないと勇気づけてくれます。曲の優しい感じが心を浄化してくれます。

Havana featuring Young Thug(収録アルバム:)

2017年、アホみたいにどこでも流れていた気がする。そのくらいヒットした曲だと思います。
サビのハバナのフレーズはついくちずさんでしまうほどキャッチーですね。ハバナはカミラの生まれ故郷でもあります。故郷であるハバナへの愛を歌ったものであり、曲調もルーズなラテンミュージックのノリを大きく取り入れたものとなっていますね。

OMG(収録アルバム:)

最近はやりの、しっとり系EDM風R&Bといったところでしょうか。ミーゴスのクエボとのコラボが良いですね。

Never Be the Same(収録アルバム:)

静かなメロディの中力強く歌い上げるカミラが印象的な曲。心に響きますね。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Havana
  2. OMG
  3. I Know What You Did Last Summer

おわりに

いかがだったでしょうか。とにかく今後大ヒットするオーラ満載じゃないでしょうか。今後の活躍に目が離せませんね!