Kanye Westのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By David Shankbone (David Shankbone) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons
Pocket

息を吸うだけでゴシップが生まれる、世界一のお騒がせ野郎カニエウエスト。
そんなカニエウエストのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Kanye Westとは?

シカゴ出身1977年6月生まれ。中国滞在時にいじめにあい、そこで絵を描くことに夢中になる。シカゴの美大に通うが一年で退学、トラック・メイキングに専念するようになる。
2000年、ジェイ・Zの楽曲のプロデュースで一躍脚光を浴びる。
2002年、MCとしてロッカフェラと契約。
2004年「The College Dropout」で満を持してのアルバム・デビュー、全米初登場2位を記録、LAのレコーディングスタジオから自宅までの道中、居眠り運転で大事故を起こす。砕けた顎を修復するために入れられたワイヤーを題材にして生み出された、Chaka Khanの名曲『Through the Fire』をサンプルした『Through the Wire』等数々のシングル・クラシックスを生み出し、全世界約450万枚を突破するモンスター・アルバムとなる。第47回グラミー賞では3部門を受賞。2005年全米タイム誌にて「今日の世界に生きる最も影響力の強い100人」の一人に選定された。
2005年8月に2ndアルバム「Late Registration」をリリース、全米初登場1位。世界各地で大ヒット。前作を上回る約500万枚の特大ヒットをまたしても生み出し、翌2006年の第48回グラミー賞でベスト・ラップ・アルバム、ベスト・ラップ・ソング他計3部門を受賞。
2007年には3rdアルバム「Graduation」をリリース。ジャケットは村上隆が担当しました。
2008年にリリースした4thアルバム『808s&Heartbreak』は全米初登場1位を記録。
2010年5thアルバム「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」をリリース。米PITCHFORKでも10点満点中10点など、ジャンルを超えて各方面から大絶賛を得ることとなりました。そして2011年グラミー賞ベスト・ラップ・アルバムを受賞しました。
2013年にはリック・ルービンをプロデューサーに迎えた6thアルバム「Yeezus」をリリース。アルバム・ジャケットもブックレットもないというパッケージとしては極限まですべてを削ぎ落としたフォーマットにてリリース。全米・英共にチャート初登場1位を記録した。
2016年にはThe Life of Pabloを7thアルバムとしてリリース。現在も精力的に活動を行っている。

Kanye Westのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Jesus Walks(収録アルバム:The College Dropout)


ヘビーなビートとドラマチックなサビが印象的な曲。神のことを礼賛しているようで、皮肉ってる内容の歌詞がエッジが聞いてて非常にクールです。

All Falls Down ft. Syleena Johnson(収録アルバム:The College Dropout)

シリーナ・ジョンソンのソウルフルなボーカルにカニエのラップがユニゾンしてかなりファンキーな曲となっています。

Through The Wire(収録アルバム:The College Dropout)


カニエウエストのデビューシングル。
LAのレコーディングスタジオから自宅までの道中、居眠り運転で大事故を起こす。砕けた顎を修復するために入れられたワイヤーを題材にして生み出された曲が、チャカ・カーン(Chaka Khan)の名曲『Through the Fire』をサンプルしました。
あまり雑多な音は使わずに必要最小限な音でラップを行うという初期っぽい曲となっています。

Gold Digger feat Jamie Foxx(収録アルバム:Late Registration)

Gold Diggerは金を掘る人、転じて俗語として男をたらしこんで金を搾取する女という意味もあります。そんな、玉の輿を狙う女性のことをファンキーなトラックにのせて歌い上げています。

Good Life feat T-Pain(収録アルバム:Graduation)

マイケルジャクソンのP.Y.T.をサンプリングしたこの曲は、かなり爽やかな雰囲気の楽曲となっています。
この曲は、第50回グラミー賞においてBest Rap Song賞を受賞しています。

Can’t Tell Me Nothing(収録アルバム:Graduation)

映画『ハングオーバー』で使われていた挿入曲。

Stronger(収録アルバム:Graduation)

Daft Punkの名曲『Harder Better Faster Stronger』をサンプリングした曲。そのトラックに乗って攻撃的なラップを展開しています。

Heartless(収録アルバム:808s & Heartbreak)


スローテンポにのせてゆったりとしたメロウなラップです。

All of the Lights(featuring Rihanna)(収録アルバム:My Beautiful Dark Twisted Fantasy)


リアーナと共演した曲。エンジンをふかしたように怒涛に流れ込んでくるラップがかっこいいです。

Runaway(featuring Pusha T)(収録アルバム:My Beautiful Dark Twisted Fantasy)


ピアノの鍵盤のイントロからの音がこの曲の緊張感の糸を絶えず張り続けており、それがこの曲を壮大なものにしています。
Runaway from me babyという歌詞は、色々ゴシップで世間を騒がせた自分自身に対する否定のようなものなのだろうか。これは神、いやカニエのみぞ知る。

Power(収録アルバム:My Beautiful Dark Twisted Fantasy)


キングクリムゾンの名曲『21st century schizoid man』をサンプリングして、かなりファンキーでクールな曲になっています。
テイラースウィフト騒動後の長い沈黙後に、力を持ちすぎると人はダメになるよね、って曲です。でも、そんなこと言ってカニエ自身は相変わらず傲慢でそういうところも含めて僕は好きです。

Ni××as in Paris(収録アルバム:Watch the Throne(with Jay Z))


人気ラッパーでマブダチのJay-Zと共演した曲。さすがアメリカを代表するラッパー同士だけあってスキのない曲となっています。

90年代から現代にかけてのヒップホップシーンを支えてきたレジェンドであり、ビヨンセの夫としても有名なJay-Z。 そんな彼のおすすめの曲を...

Mercy(収録アルバム:Cruel Summer)


カニエウエストが好き勝手に欲しいものや嫌いなものを好き勝手にラップしてる曲。ただ、トラックは落ち着いているので、クールな曲となっています。

Bound2(収録アルバム:Yeezus)


妻のキム・カータジアン(カニエと同じくめちゃくちゃ嫌われている)が出演しているMVが印象に残ります。曲の内容もそんなキムを自慢するかのような内容となっています。

Fade(収録アルバム:The Life of Pablo)


I feel itというフレーズが耳に残る曲。無音部分もあったりと静と動のコントラストがこの曲を魅力的なものにしています。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Can’t Tell Me Nothing
  2. Power
  3. Gold Digger

Graduationから聞くのがいいかと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。カニエ・ウエストはまぁ確かにいろいろと問題があるやつなんですが、曲に関しては本当に素晴らしいので、ぜひ聞いてみてください。