Summer Sonic 2022 東京 1日目の感想・ライブレポート

Pocket

サマソニ2022の1日目の感想です。

2日目は、こちら

サマソニ2022の2日目の感想です。 1日目は、こちら 起床 2日目に関しては昼に予定があったので夕方からの参戦です。...

起床

3年ぶりのサマソニということで胸を躍らせながら朝起床しました。
昨年はスーパーソニックがあったとはいえやはりサマソニでフルラインナップで楽しみたいという気持ちは抑えきれずやはりサマソニの期待はサマソニで消化するしかないなと去年からずっと感じておりました。
今年のサマソニのメンツはコロナがありながらもいいメンツを呼んだなと思っていたら、土壇場でリバティーンズをキャンセルするというどうしようもないチョンボはしたものの、それでもやはり楽しみなものは楽しみでうきうきで京葉線に乗りました。

海浜幕張駅に着くと、さっそくまぁまぁの混雑でわくわく、リストバンド交換のマリンスタジアムまでテンションを徐々に上げていき、スタジアムに着くとさっそく多くの人とライブの音ですっかりテンションマックスになりました。
そして、リストバンドを交換していざ最初の目的のリナサワヤマのいるマリンスタジアムへと赴きました。

Rina Sawayama

今年のサマソニはリナサワヤマから鑑賞。
アメリカのシーンを感じさせてくれるダイナミックなパフォーマンスで、アグレッシブなダンスを見せてくれました。
また単身わたっただけあってスピリットも強く、ライブの終盤では同性婚を認めない日本に対して自身も同性愛者である立場から苦言をMCでストレートに呈しました。
今後が楽しみですね。

ALL TIME LOW

その後はマウンテンステージへと移動し、オールタムロウを観戦。
初っ端からLost in Stereoで観客を盛り上げます。セトリは全般的にアゲアゲ系て感じで終始盛り上がっていました。Weightlessとかいつ聞いてもいいですね!また、the WeekndのBlinding Lightsもロックにカバーしてました。
最後は定番のDear Maria, Count Me Inでシメ。

後発ながらも、メロディーの爽快さや前向きなサウンドが洗練されており、現在もシーンの最前線を張っているポップパンクロックバンド、オールタイムロ...

Maneskin

マリンスタジアムに戻り、マネスキンへ。移動途中にプラスちばを使って東京ベイ幕張内のカフェによってマンゴージュースを買い、飲みながら移動。
マリンスタジアムに着くと、けっこうな人がすでに会場にいて、キングヌー待ちもあるとはいえ、マネスキンへの期待の高さをうかがえました。
ZITTI E BUONIからはじまり、けっこうカジュアルながらも涼しそうな格好で登場してきました。とはいってもダミアーノは既に裸でしたが。
そして、MAMMA MIAのあたりからボルテージが上がって来たのか他のメンバーも脱ぎだし始め、熱狂がマックスに。
ヴィクトリアはニップレスをつけたりはがしたりもはやフリーダムでしたし、ドラムのイーサンも結局は最後のI WANNA BE YOUR SLAVEでは脱いでましtね(笑)
色々と若手新人バンドの勢いを感じられるライブで楽しかったです。

イタリア発の20年代の新たなロックを感じさせてくれるモーネスキン。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Maneskinと...

Kacey Musgraves

マネスキンの後は幕張メッセへと戻り、フジロック以来のケイシーへ!
日本ではあまりメジャーではないのですが、グラミー賞も取ってるすごいアーティストなのですよ、フジで数曲しか聞けなかったですが、その時ですらかなり楽しめたので今回は万全の待機。

(追記) フジロック22のおすすめアーティストはこちら 今年も7/27(金)、7/28(土)、7/29(日)...

開始は10分くらい遅れてスタート、オリエンタルな恰好で身を包み、新作のstar-crossedからスタート。
周りのサポートメンバーとジャジーで上質なムードを作りつつケイシーの深みのあるボーカルがR&Bとカントリーの融合をうまく行っており、こんな近くでこんな素晴らしい体験をしていいのとびっくりしました。
客は正直少なかったですが、その分一人一人のガチっぷりは本物だったと思います。
前半のハイライトはGoldn Hourですかね、ドリーミーな感じが最高でした。
そしてラストのjustifiedのあたりで、隣のマウンテンスタジアムのオフスプとの行き来を始めました。

ポップ、フォーク・ミュージック寄りのカントリーが非常にキャッチーなメロディで親しみやすいケシー・マスグレイヴス。 そんな彼女のおすすめの曲...

Kacey Musgraves / The Offspring

オフスプリングは代表曲のAll I Want、通称ドラえもんからスタート。
そっからCome out and Play、この曲のオリエンタルなイントロはいつ聞いても最高ですよね。というわけで、これを楽しみながらもソニックに移動すると、ケイシーがアンセムのRainbowを演奏し始めたので、さすがにしっとりと後方でじっくり聞きました。いやほんと歌唱力がすごすぎて気づいたら涙を流してました。
ほんとに癒されました。
終わったらオフスプリングに移動し、Want You Badを聴きました。この曲もエモくていいですよね。Want You Badが終わったらケイシーのSlow Burnのラストを鑑賞。そして、紙吹雪まで出してくれる大サービス。また日本に来てくれると嬉しいですね!
ちなみにこの後ケイシーは日本の旅行を楽しんでましたね。

The Offspring

ケイシーも終わったのでオフスプリングに専念。ちょうどOriginal Pranksterをノリノリで演奏しているところでした。
新曲のLet the Bad Times Rollもいいですね。
そっからOne Fine DayとConspiracy of Oneの名曲を立て続けに出し、会場は大盛り上がり。その後も、Hit That,Why Don’t You Get a Job?,(Can’t Get My) Head Around Youと往年の名曲をプレイしラストにPretty Flyであはーんあはーんを決めた後に、ギターのかっこいいロックな名曲The Kids Aren’t Alrightで締め。
2016サマソニ以来のオフスプでしたがやっぱりオフスプリングは良いですね!

ポップパンクロックバンドの大御所であり、世にいくつもの名曲をリリースしたオフスプリング。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。...

St.Vincent

オフスプの後は隣のステージのセイントヴィンセントへ移動。
セイントヴィンセントはいかんせん裏と被っていることが多く見たいのに見れなかったので、the 1975もありますが、途中まで見ることに。
マリリン・モンローみたいな風貌で、まるでブレードランナーを思わせるかのような至高のSF空間を既に醸成しており、Birth in Reverseをビシッと決めてました。
その後、New Yorkとos Agelessを立て続けにやってくれました。この2曲はやっぱり色々と難解でいいですね!
本当はもっと楽しみたかったですが、1975も見たかったので惜しみつつ移動。

その独特な世界観と音楽性で、毎度リスナーの度肝を抜くセイントヴィンセント。 そんな彼女のおすすめの曲を紹介したいと思います。 St.Vi...

幕張メッセからマリンスタジアムに移動。
到着すると既に会場は盛り上がっており、ライブも後半にさしかかるところでした。
Somebody Elseを楽しそうに演奏してました。そっからLove it if we made itと多幸感溢れるセトリ。
すっかり新人バンドから中堅バンドへと成長し、スモークも相まってかなりマシューも大人びていました。
ラストはThe SoundとSexという初期の名曲を演奏し、Give Yourself a Tryを最後に駆け足で演奏し、花火と一緒にフィニッシュ!

帰宅

the 1975が終わり、残り時間でマンウィズは別にいいやと思ったのと、プラスちばのお金を使い切りたく駅前のまだ営業していたMY YAKINIKU STYLEでカルビ・牛タンセットを堪能しました。