Summer Sonic 2018 東京 1日目の感想・ライブレポート

Pocket

サマソニとしては初日ですが、時系列的には下のソニマニの記事の次となっています。

あの色々と凄まじかったフジロックから、気づくと3週間。ついに8月の音楽の一大祭典、ソニックマニア・サマーソニックがはじまりました。 ...

2018の初日の感想ライブレポートをしたいと思います。

ソニマニが終わって

さて、ソニマニから帰宅し、風呂とか入っていたら時間はなんだかんだ、もう9時。
サマソニ的に見たいのはバックナンバーあたりから見たいなぁと思って、12:00にアラームをつけ就寝、というよりは仮眠ですね(笑)
さて、アラーム通り、12時に起き準備をして、また海浜幕張へ出発。
駅に到着したら、リストバンド交換所のマリンステージのQVCスタジアムへ移動。なんか、今年からセキュリティを強化した関係か、リストバンド交換所の場所が、歩道から駐車場に変わっていましたね。
そして、リストバンドを装着し、そのままマリンステージのスタンド席へ直行!

バックナンバー

スタンドに到着すると、すでにバックナンバーは始まっていましたね。なんだかんだ人気バンドなので一度は聞いてみたかったんですよね!
ボーカルの人が思ったよりもおっさんでびっくりしましたー(笑)
ただライブ自体は終始ポップにのどかで、特段エキサイティングした瞬間とかはなかったですが、のんびりと楽しむことができました。高嶺の花子さんも聞けたので良かったです。

サマソニガールとロゴオブジェの前で写真

バックナンバーが終わっあとは、とりあえずスタンドを出て、レイアウトやアトラクションにマイナーチェンジが見られた会場を次のショーンメンデスのライブが始まるまで、ぶらぶらしていました。
すると、ロゴのオブジェの前で、サマソニガールと写真を撮れるキャンペーンがやっていることに気づき、これは参加しないわけにはいかないと、即参加しました。また、ここで昨日。のソニマニのライブでもあったこーじと合流。
20分くらい並んで、見事にサマソニガールと写真を撮ることができました(^^♪
写真を撮り終わった後は、そろそろ時間なので、マリンステージのスタンドへと戻りました。

Shawn Mendes

スタンドに着くと、ショーンはすでにライブを開始していて、曲はちょうどLost in Japanで、お~個人的には状況にあったピッタリな始まり方だなぁと感心しました。しんみりとしたスタートだけどこういうのもアリよね!
いや~、それにしてもやっぱり生で見てもイケメンだなぁとほれぼれします。
しんみりした後には、Stitchesで、ノリノリになって一気にヒートアップ!!この曲のシンプルな構成は、まさに初期の頃のデビュー曲って感じがたっぷりで大好きです。
中盤には、フランクオーシャンのThinkin’ Bout Youもやってましたね。ポップになっててこれもこれでありだなと思いました。(しかしここはこの曲で大合唱が起こらない国なんだ。ごめんショーン)
そして、最後にMercyでしっとりとショーンの世界に浸って終了。マストドンのために途中ぬけします。若さ溢れててよかったですし、今後が楽しみなアーティストですね!

2018年のサマーソニックで出演が決定した今をときめくティーン、ショーンメンデス。 そんなショーンメンデスのおすすめの曲を紹介したいと思い...

Mastodon

連絡バスに乗り、半日ぶりの幕張メッセ。そして、ダッシュで再入場し、そのままマウンテンステージへ。
到着すると、すでにライブ始まってましたね、なにはともあれ今年の初メタルです。
てか、よく聞くとCrystal Skullじゃねーか、おいいきなり初っ端からプログレッシブな難解なメロディをぶつけられてさっそくヘブン状態に。あー、この理解できないメロディの波、たまりませんね!!
いやーそれにしても、とにかくバックで流れてる映像が良い意味でダサくて、これこそメタルだ!って一人で勝手にテンション上がっていました。なんあんですかね、あの派手な色遣いの悪魔は、なんのモチーフなんでしょうかね。
Black Tongueのダークな雰囲気は、マウンテンステージにぴったりだな~と思いながらしんみりと聞き、かと思えばMegalodonでは変則的なリズムに合わせたモッシュで騒いだり、Show Yourselfではポップな感じでノリノリに跳ねて楽しんだりと色々とオンオフを激しく楽しみました。
ラストはマストドン一の名曲だと思ってるBlood and Thunderで締めてくれました!!この曲の変態リズムとノリノリの共存っぷりは素晴らしいですよね!まさに、フェス向きの曲だとライブで聞いて改めて思いました。

2018年のサマーソニックで来日が決定したマストドン。 そんなマストドンのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Mastodonとは? ...

Marshmello

さて、マストドンでメタルの世界を堪能した後は、メッセの700円ロッカーが開いていたので、そこに荷物を預け、その後、マリンステージに戻り、昨日も見たマシュマロ野郎へマシュメロへ。
ステージに到着し、アリーナにつくともう既にけっこう人がいてびっくりしました。さすがは今年のEDM枠。ちょうど昨日も聞いたBon JoviのLivin’ on a prayerを流しており、あれこれもしかして昨日となじじゃねって感じになって、プレイに盛り上がりながらも、途中まではソニマニの使いまわしかよ~ってちょっと萎えてたんですけど、次に確かソニマニではやってなかったセレーナゴメスとのWolvesを流していて、シンガロングする。後半から明らかに展開が変わっていて、あ、これ使いまわしじゃない!とかってにテンションが上がる。
Aloneはやっぱりよかったですね~、終盤にAlone流されたらエモくなりますよ~
あと、スクリレックス&ディプロのJungle Baeは場の熱気をチャージするのにピッタリな曲ですね。
あと、GalantisのYou&IとGuns N’ RosesのSweet Child O’ Mineのマッシュアップも良かったすね。
ラストは新曲のHappierでクールダウンしながら大団円。
いやー、2日連続ですが普通に楽しめました!あと、マシュメロの映像って面白いですね。個人的に、レインボーロードをマリオカートみたいに走っているのと、焚火の周りをチョコレートといっしょにマシュメロがサークルを作って回ってるのとか面白かったです。(マシュメロが焚火の中で成仏しているのも含めて)

マシュマロの被り物をした謎多きDJ、マシュメロ。 そんなマシュメロのおすすめの曲を紹介していきたいと思います。 Marshmelloとは...

ノエル待機

マシュメロ後は、ちょうど同じエリアでマシュメロを見ていたこーじと合流。そこで、昨日はライブだったり深夜だったりたかしと合流していたりであんまり話せなかったので、たっぷりと会話。
やっぱりしゅみのフレンドはいいですね~~

noel gallagher’s high flying birds

さて、30分くらい待つと徐々にセットされていくステージノエルギャラガーは3年前のフジロック15でも見たのですが、その時と比べると明らかに編成人数が増えてるなぁと感じました。一体何をするのだろうかと待っている間に期待で胸が膨らみました。
そして、いよいよ初日のヘッドライナー、ノエルギャラガーハイフライングバードが登場!
いきなり、新アルバムのFort KnoxからのHoly Mountainという流れで、一気に場を沸かす。Fort Knoxは初めて聞いた曲なんですけど、エッジが効いててかっこよかったですね!Holy Mountainは、先行シングルとして既に聞いていましたが、この大編成だとこんなにかっこいいライブ曲になるんですね。リズム隊、特にホーン隊のノリノリっぷりが最高でしたね。オアシスしか知らない人でもこれはノレたんじゃないでしょうか。その後も、Keep on reaching~it’s a beautiful worldと新曲を立て続けに演奏しました。it’s a beautiful worldの幻想的な壮大さにはド肝を抜かれましたね。
そして5曲目から、2ndや1stの昔の曲をやりはじめました。ここらへんの曲はやっぱりオアシス後期の面影が残ってるような曲だなぁと、聞いてあらためて思いました。In the heart of the momentとか、ライブでのシンガロングが楽しいんですよね~
そして、次のLittle by littleが始まったころに、本日の一番のお目当てクイーンズオブザストーンエイジへと移動。Little by littleの切なくも力強い曲を聞きながらマリンステージを後にしました。

2015年のフジロックに続き、2018年のサマーソニックにヘッドライナーとして来日が決定したノエルギャラガーズハイフライングバード。 そん...

Queen’s of the Stone Age

マリンを抜け、別にヘッドライナー終わった後でもなく、バスも混んでいなかったので、シャトルバスに乗りメッセへ移動。そして、急いでマウンテンステージへと移動すると、ちょうどThe Way You Used to Doが終わりかけていた頃でした。そして、次の曲がなんとフジロックの時の1曲目だったYou Think I Ain’t Worth a Dollar, but I Feel Like a Millionaireなので、これはテンションが上がらずにはいられない!!一気に群衆へ突進し、モッシュピットへ。やっぱりQOTSAはモッシュしてこそですね。
それにしても、久しぶりに見るジョシュやセオドア、トロイ、ディーン、マイケルはどいつもこいつも相変わらず渋くてかっこよいですね!ミリオネアで盛り上がったとはNo One Knowsへと、ていうかフジと同じ流れやないかい(笑)ここでも、もちろんメロディに合わせて跳ねながら合唱しますよ!その後の、セオドアのドラムソロも重厚でかっこよかったです!
そこからBurn the witchからのMy God is the Sunとミドルテンポでダークな雰囲気を醸し出しているものの、盛り上がる曲たちでこれまたモッシュ。ほんとにハードロックしててかっこいいですよね~~
磁極のThe Evil Has Landedからようやく落ち着きながら聞き始めましたね(笑)それにしても、新曲もかこいいですよね~、villainsの曲。そこからSmooth SailingやIf I had a tail等を、彼らのパフォーマンスをじっくりと見ながら楽しむ。それにしても、ジョシュのポールを使ったパフォーマンスがいちいちかっこよくて、演奏よりもそっちに注目したりしちゃいますね。終盤には怒涛の、Little Sister~Go With the Flow~A Song for the Dead 攻撃。これは、さすがに睡眠がそもそも不足していて、大分疲れも溜まっていましたが、そんなのお構いなしにアグレッシブにモッシュ。もうメロディにすべての身を委ねました。ただ、Sick Sick Sickやってほしかったなぁ、、 あとコカイン。
それでも、まさかわずか1年でQOTSAをまた見れるとは思っていなかったので、本当に贅沢な時間でした。相も変わらずやつらはかっこよかったです。また次のツアーでも日本にぜひ来てください!!

昨年の久しぶりのフジロックでの大盛況の来日からわずか一年で、SUMMER SONIC 18に出演が決定したクイーンズオブザストーンエイジ(通...

帰宅

QOTSAの演奏が終わったとは、Tame Imapalaを寝そべってみているというこーじと合流。そこから入口のオブジェで写真を撮ったのち、一緒に帰りました。
電車内では疲れていたものの、それ以上に今日のライブの興奮からか色々と話ができて楽しかったです。こーじは今日までですが、僕は明日も参加する予定だったので、明日を楽しみに床につきました。

二日目の記事はこちら