フジロック22 おすすめアーティスト 3/3(三日目 7/31(日))

Pocket

今年も7/29(金)、7/30(土)、7/31(日)に開催が決定しましたFUJI ROCK 22。
今年もたくさんのアーティストが来日するので、知らないアーティストがたくさんいる~、という方も多くいらっしゃると思います。
そのため、本記事では、フジロック22でおすすめのアーティストやバンドを紹介したいと思います。
こちらのページはフジロック3日目日曜日の出演アーティストです。

1日目はこちら。

今年も7/29(金)、7/30(土)、7/31(日)に開催が決定しましたFUJI ROCK 22。 今年もたくさんのアーティストが来日する...

2日目はこちら。

今年も7/29(金)、7/30(土)、7/31(日)に開催が決定しましたFUJI ROCK 22。 今年もたくさんのアーティストが来日する...

※随時、更新します。

FUJI ROCK 22の概要

フジロック公式サイト
日程:7月29日(金) 30日(土) 31日(日)
開催地: 新潟県湯沢町苗場スキー場 

洋楽アーティスト

Halsey

本名、アシュリー・ニコレット・フランジパーネのアメリカの女性シンガーソングライターでエレクトロポップを基調としています。
2014年にメジャー・レーベルと契約し、2015年にリリースしたデビュー・アルバム『Badlands』が全米初登場2位を記録し、等身大の歌詞が10代からの圧倒的な指示を得ました。
同年ジャスティン・ビーバー『Purpose』にも客演参加し、デビューと共に大きなインパクトを残し、2016年に客演参加したザ・チェインスモーカーズ「Closer」で客演として参加し、自身初の全米1位を獲得しました。
2017年にリリースした2ndアルバム『Hopeless Fountain Kingdom』は全米初登場1位に輝き、続いてリリースした最新シングル「Without Me」が自身のシングルとして初の全米1位を獲得しました。
2020年にリリースした3rdアルバム『Manic』をリリース。
2021年に4thアルバム『If I Can”t Have Love I Want Power』をリリース、Nine Inch Nailsのトレント・レズナーとアッティカス・ロスがプロデュースし、ポップでありながらもコンセプチュアルな作風が大きな評価を受けています。

Mura Masa

本名アレックス・クロッサンの1996年生まれ、UKジャージー島出身です。アメリカ人の母の影響を受け、幼いころアメリカンのインディ・ロックやポップ・ミュージックを聴いて育ち、15歳でエレクトロニック・ミュージックに触れ、やがて自らビートをプロデュースするようになります。
2015年にデビューEP「Someday Somewhere」を発表し、2017年に発表されたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムには、AS$P Rockyといった多くの豪華アーティストが参加し話題になりました。
2020年に2ndアルバム『R.Y.C.』をリリースし、パンクロックとエレクトロを融合させた個性的な音楽性をいかんなく発揮しています。

その個性的なエレクトロサウンドで名刀・村正の如く新たな時代を切り開いているムラ・マサ。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 ...

Tom Misch

1995年6月25日生まれ、英・ロンドン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー。本名はトーマス・エイブラハム・ミッシュ。幼少よりヴァイオリンやギター、キーボードを始め、15歳からビートメイクに傾倒しました。
2018年にデビュー・アルバム『Geography』で一気にブレイクを果たしました。
ジャズ、エレクトロニカ、ソウル、ヒップホップを融合させた洒脱なサウンドと美声、そしてジョン・メイヤーやエリック・クラプトンも認めるスタイリッシュなギタープレイで人気を集めています。

おしゃれなネオソウル風味の薫るギターロックが人気のトムミッシュ。 そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。 Tom Mischとは...

Mogwai

1995年にスコットランドのグラスゴーで結成されたポストロック・バンドです。
インストゥルメンタルを主体としており、轟音のフィードバック・ギターと美しいメロディといった静と動の差が激しいサウンドが特徴的です。
ライブパフォーマンスにも定評があり、ステージをノイズのみの空間へと誘ってくれます。

インストゥルメンタルのポストロックの雄、モグワイ。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Mogwaiとは? 1995年に...

Fontaines D.C. (出演キャンセル)

アイルランドのダブリン出身のポストパンクバンド。2019年、デビュー・アルバム『Dogrel』をリリースするとこれがメディアから大絶賛されました。
2020年にはセカンド・アルバム『A Hero’s Death』をリリースし、2022年3月にはNMEアワーズで「最優秀バンド・イン・ザ・ワールド」を獲得しました。
2022年4月22日には待望のサード・アルバム『Skinty Fia』をリリースとまさに勢いに乗っているバンドです。

Superorganism

日本人ボーカル、オロノちゃんをはじめとした8人組のイギリスロンドンを拠点とする多国籍インディー・ポップバンド、スーパーオーガニズム。
音楽系のコミュニティー・サイトで知り合ったネット発の独特のポップバンドです。異様なほどのトリップ感は彼らが目指しているベックやアヴァランチーズの雰囲気そっくりです。
2018年のフジロックではレッドマーキーを入場制限にするほどの凄さをみせてくれたことの記憶は新しいですね。サマソニでもきっと素晴らしいライブを見せてくれることでしょう。

ネットの海に突如現れた、新世代のポップスター、スーパーオーガニズム。 そんな彼女らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Superor...

Japanese Breakfast

米フィラデルフィア出身のMichelle Zaunerのソロ・プロジェクトです。音楽性としてはドリーム・/インディー・ポップになります。
日系ではなく韓国系である(父はユダヤ系アメリカ人、母は韓国人)彼女がソロプロジェクト名にジャパニーズ・ブレックファストとつけたのは、外国の響きのある「ジャパニーズ」とアメリカ的な響きのある「ブレックファスト」の組み合わせが面白かったためとのことです。
インディ・・バンド、Little Big Leagueのフロントウーマンとして2枚のアルバムをリリース後、2016年4月1日に母親の死に影響されたジャパニーズ・ブレックファストの1stアルバム『Psychopomp』をリリースしました。
2017年には2ndアルバム『Soft Sounds from Another Planet』をリリース。2021年6月には3rdアルバム『Jubilee』をリリースしました。

BLACK COUNTRY, NEW ROAD

イギリスのロンドンを拠点に活動する7人組バンドです。
2021年のデビューアルバム『For the First Time』が、全英チャート初登場4位を記録すると新たなUKロックの旗手として注目を集めました。
ハードコアやポストロックを基調としてジャズやクラシックの要素を取り入れたりとボーダーレスな音楽性が特徴です。

邦楽アーティスト

ずっと真夜中でいいのに

2018年6月に初投稿となるミュージックビデオ「秒針を噛む」をYouTubeに投稿し、数ヶ月で1000万回再生を突破しました。正式なメンバー編成や素性がほとんど明かされておらず、有名なアニメーターやボカロPも今作品に携わっており、Twitterを中心に話題のボーカル、そして作詞作曲を務めるACAねさんをフロントマンとして活動するソロユニットであるということ以外は不明です。
でも、そんなこと関係なしに彼女の音楽を楽しみましょう。

PUNPEE

日本のヒップホップMCです。
いわゆるチル系のラッパーの元祖として日本のヒップホップ界隈に多大な影響を与えてきましたが、それだけでなく加山雄三、宇多田ヒカル、星野源など日本を代表する歌手たちとのコラボや、楽曲提供を行うなど、日本の音楽シーンにおいても欠かせない存在です。

ハナレグミ

SUPER BUTTER DOGのボーカルの永積 崇のソロユニットです。名前の由来は自身の目が離れていることから。
彼の音楽は、主にアコースティックなサウンドに、フォーク、、ジャズ、ブルース等さまざまなジャンルの音楽が詰め込まれている豊かな音楽性多くの人を惹きつけています。

中村佳穂

1992年生まれ、京都府出身のシンガー・ソングライター。
2歳でピアノをはじめ、20歳で作曲を始め、京都精華大学在学中に本格的に音楽活動を開始。ソロ、デュオ、バンドとさまざまな編成で活動を続け、2016年にはフジロックに出演しています。
ピアノを中心に自由自在な音楽を奏でています。

マカロニえんぴつ

2012年はっとり(Vo/Gt)を中心に神奈川県で結成されました。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンドです。
はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げます。

go!go!vanillas

2010年に結成された日本のロックバンドです。さまざまなジャンルを呑み込んだオリジナリティ豊かな楽曲で聴く人を魅了し、ライヴでは強烈なグルーヴを生み出しています。

Takkyu Ishino


電気グルーヴの片割れとして有名な石野卓球。基本は電気グルーヴでの活動ですが、こういう風に石野卓球がソロでDJすることもよくあります。
フジロックでよくプレイしているので、お馴染みの方も多いのではないでしょうか。

七尾旅人

高知県出身のシンガーソングライターです。
1998年のデビュー以来、その個性的な音楽性と厚みのあるボーカルで数多くのアーティストやファンから評価されています。

おわりに

以上が、フジロック1日目の出演アーティストの紹介です。
この他にも洋楽・邦楽問わず様々な素晴らしいアーティストが大勢参戦するので、自分のタイムラインを立て、ぜひフジロックを楽しんでください。

いくのであれば、 
 

日帰りを検討している方はこちらの記事をどうぞ!

フジロックに大好きなアーティストが出演するから、この日だけ参加しよう! あ、でも、フジロックって山奥の自然の中でやってるっていうし、そんな...

フジロックの持ち物についてはこちらの記事を。

毎年、7月の末頃に行わっる一大イベント、FUJI ROCK FESTIVAL。 毎年、10万人以上の動員を誇る日本でも有数の一大イベントで...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする