Elton Johnのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Richard Mushet on Flickr, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons
Pocket

50年以上にわたるキャリアで、3000回以上のコンサートを開催し、3億枚以上のアルバムを販売しており、の最も成功したアーティストの一人として知られているエルトン・ジョン。
そんな彼のおすすめの曲を紹介したいと思います。

目次

Elton Johnとは?

エルトン・ジョン(Elton John)は、イギリス出身のシンガーソングライター、ピアニスト、および作曲家です。
1947年3月25日にイギリスのミドルセックス州ポッカーズ・エンドで生まれました。彼の本名は、リージナルド・ケネス・ドワイト(Reginald Kenneth Dwight)です。幼いころから音楽に興味を持ち、ピアノの才能を開花させました。彼は、ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックでクラシック音楽を学んだ後、ポップとロックへの情熱に導かれてプロのミュージシャンになる道を選びました。
1967年には、エルトン・ジョンはバーニー・トーピン(Bernie Taupin)との協力関係を開始しました。彼らは長年にわたって成功したソングライティング・チームとなり、エルトンが作曲し、バーニーが歌詞を書くという役割分担で多くのヒット曲を生み出しました。エルトンは1969年にデビューアルバム「Empty Sky」をリリースしましたが、彼のキャリアが本格的に始まったのは、翌年にリリースされたアルバム「Elton John」でした。
1970年代には、エルトン・ジョンは国際的な成功を収めるようになり、アメリカとイギリスのチャートで次々とヒット曲を生み出しました。彼の代表曲には、「Your Song」、「Tiny Dancer」、「Rocket Man」、「Goodbye Yellow Brick Road」、「Candle in the Wind」、「Don't Go Breaking My Heart」、「Daniel」などがあります。
1980年代から1990年代にかけても、彼は引き続きヒット曲をリリースし、さらに広い層のファンを獲得しました。彼はまた、映画音楽やミュージカルの作曲も手がけ、ディズニー映画「ライオン・キング」のサウンドトラックや、ブロードウェイ・ミュージカル「エイダ」や「ビリー・エリオット」の楽曲制作に携わりました。特に「ライオン・キング」のサウンドトラックは大成功を収め、彼はアカデミー賞やグラミー賞を受賞しました。この時期には、「I'm Still Standing」、「I Guess That's Why They Call It the Blues」など、多くのヒット曲をリリースしています。
2000年代に入っても、エルトン・ジョンはその活動を継続し、アルバムをリリースし続け、世界中でコンサートを開催しました。また、彼はLGBTQ+コミュニティの支援者として知られており、エルトン・ジョン・エイズ財団を設立して、エイズに関する啓発活動や研究資金の調達に尽力しています。
彼は数多くの賞を受賞しており、グラミー賞、ブリット賞、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞、トニー賞など、様々な分野で成功を収めています。また、エルトン・ジョンは1994年にロックの殿堂入りし、1998年にはナイトの称号を授与されました。
近年では、2019年に自伝「Me」を出版し、自身の半生を振り返りました。また同年、伝記映画「ロケットマン」が公開され、彼の人生と音楽キャリアを描いた作品が大変な成功を収めました。

Elton Johnのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Your Song (収録アルバム:Elton John)


シンプルで心に響くピアノとストリングスを特徴とするラブソングで、多くの人々に愛されています。感動的な歌詞と美しいメロディが、リスナーの心を捉えて離しません。

Take Me to the Pilot (収録アルバム:Elton John)


ファンキーなピアノリフと躍動感あふれるリズムが特徴的なロックチューンです。歌詞の意味は謎に包まれており、想像力を刺激する作品となっています。

Levon (収録アルバム:Madman Across the Water)


エルトン・ジョンの魅力的なピアノプレイが際立つ楽曲です。歌詞は物語を描いており、リスナーに深い感動を与えます。

Tiny Dancer (収録アルバム:Madman Across the Water)


美しいメロディと詩的な歌詞が特徴的なバラードです。豊かなストリングスアレンジとエルトン・ジョンの感情豊かな歌声が、リスナーの心に染み入ります。

Rocket Man (収録アルバム:Honky Château)


宇宙飛行士の孤独を描いた楽曲で、エルトン・ジョンの代表曲の一つです。独特のメロディと幻想的な歌詞が、心に残る作品を生み出しています。

Honky Cat (収録アルバム:Honky Château)


ニューオーリンズ風の調の楽曲で、エルトン・ジョンの遊び心が表れています。アップテンポなメロディとエネルギッシュな歌詞が、リスナーを楽しませます。

Crocodile Rock (収録アルバム:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player)


1950年代のロックンロールへのオマージュとして書かれた楽曲で、キャッチーなメロディと楽しい歌詞が特徴です。リスナーを踊らせる魅力的な曲です。

Daniel (収録アルバム:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player)


メロディアスなバラードで、兄弟愛をテーマにした歌詞が印象的です。エルトン・ジョンの感情豊かな歌声が、リスナーの心を捉えます。

Candle in the Wind (収録アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)


この曲は、ハリウッドの伝説的女優マリリン・モンローに捧げられており、彼女の栄光と悲劇に満ちた人生を表現しています。
歌詞は、マリリン・モンローの人生を象徴する「ろうそくの炎」というイメージを通して、彼女の美しさと短命さを歌っています。繊細なメロディとエルトン・ジョンの情感溢れる歌声が、聴く者の心に深く響きます。
また、1997年にエルトン・ジョンは、プリンセス・ダイアナの死を受けてこの曲の歌詞を書き換え、「Candle in the Wind 1997」をリリースしました。このバージョンも大変な成功を収め、世界中で多くの人々に愛されています。

Goodbye Yellow Brick Road (収録アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)


壮大なピアノバラードで、夢と現実をテーマにした歌詞が印象的です。美しいメロディとエルトン・ジョンの歌声が、リスナーの心に強く残ります。

Saturday Night’s Alright for Fighting (収録アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)


エネルギッシュでパワフルなロックチューンです。躍動感あふれるメロディとパンチの効いた歌詞が、リスナーを魅了します。

Bennie and the Jets (収録アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)


グルーヴィーなピアノリフとファンキーなビートが特徴的な楽曲です。独特の歌詞とエルトン・ジョンの歌唱力が、聴く人を引き込みます。

Don’t Let the Sun Go Down on Me (収録アルバム:Caribou)


エルトン・ジョンの代表的なバラードのひとつで、豊かなメロディと感動的な歌詞が特徴です。彼の感情的な歌声が、リスナーの心に響きます。

The Bitch Is Back (収録アルバム:Caribou)


テイストのエネルギッシュな曲です。歌詞は強烈な印象を与え、エルトン・ジョンの個性が光る一曲です。

Philadelphia Freedom (収録アルバム:Elton John’s Greatest Hits Volume II)


ディスコビートを取り入れた軽快なポップスです。アップリフティングなメロディとポジティブな歌詞が特徴で、聴く人の心を明るくします。

Someone Saved My Life Tonight (収録アルバム:Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy)


心に響くバラードで、エルトン・ジョンの自伝的な歌詞が印象的です。美しいメロディと感動的なストーリーがリスナーの心に強く残ります。

Island Girl (収録アルバム:Rock of the Westies)


レゲエ風のリズムとキャッチーなメロディが特徴の楽曲です。歌詞はエキゾチックでありながらもロマンチックで、リスナーを魅了します。

Don’t Go Breaking My Heart (収録アルバム:Elton John’s Greatest Hits Volume II)


キキ・ディーとのデュエットで知られる軽快なポップスです。明るいメロディと楽しい歌詞が、多くのリスナーに愛されています。

Sorry Seems to Be the Hardest Word (収録アルバム:Blue Moves)


エルトン・ジョンの名バラードの一つで、歌詞は、恋人同士の別れをテーマにしており、謝罪の難しさと悲しみを訴える内容になっています。メロディはピアノ主体で、エルトン・ジョンの繊細な演奏と歌声が、切なさと懐かしさを引き立てます。

I’m Still Standing (収録アルバム:Too Low for Zero)


アップテンポでキャッチーなメロディが特徴で、聞く者を魅了します。
歌詞は自己の復活と持続性を讃えており、過去の困難な経験を乗り越えたエルトン・ジョン自身を象徴しています。彼の力強い歌声と明るい曲調が、リスナーに前向きなエネルギーを与えます。

I Guess That’s Why They Call It the Blues (収録アルバム:Too Low for Zero)


ブルーステイストのメロディと愛をテーマにした歌詞が印象的な楽曲です。エルトン・ジョンの優れた歌唱力が光ります。

Sad Songs (Say So Much) (収録アルバム:Breaking Hearts)


キャッチーなメロディと悲しみを表現する歌詞が特徴的な楽曲です。エルトン・ジョンの歌声が、リスナーの共感を呼びます。

Sacrifice (収録アルバム:Sleeping with the Past)


切ないメロディと愛情に関する歌詞が特徴のバラードです。エルトン・ジョンの感情豊かな歌声が、リスナーの心を打ちます。

Can You Feel the Love Tonight (収録アルバム:The Lion King)


ディズニー映画『ライオン・キング』の主題歌で、美しいメロディと感動的な歌詞が特徴です。エルトン・ジョンの歌声が、映画の感動とともにリスナーの心に響きます。

Circle of Life (収録アルバム:The Lion King)


ディズニー映画『ライオン・キング』のオープニング曲で、壮大なメロディと歌詞が特徴的です。エルトン・ジョンの歌声が、リスナーに自然界の神秘を伝えます。

Believe (収録アルバム:Made in England)


愛と信念をテーマにした感動的なバラードです。美しいメロディと歌詞が、エルトン・ジョンの歌声と共にリスナーの心に響きます。

Cold Heart (収録アルバム:The Lockdown Sessions)

Dua Lipaとコラボレーションした楽曲で、2021年にリリースされました。オーストラリアのエレクトロニック・ダンスミュージックグループであるPNAUがリミックスを手掛けており、この曲は、エルトン・ジョンの過去の曲からサンプリングされたフレーズと、Dua Lipaのキャッチーな歌声が絶妙に組み合わさっています。歌詞は、愛する人との関係に冷めた心が入り込んでしまったことを表現しており、ポップでエモーショナルな雰囲気が魅力です。
PNAUによるリミックスは、ダンスフロア向けのエネルギッシュなビートとともに、エルトン・ジョンとDua Lipaの世代を超えたコラボレーションを引き立てています。

2015年のデビューから一気に世界を注目させ、次世代のレディーガガとまでいわれているデュアリパ。 そんなデュアリパのおすすめの曲を紹介した...

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Your Song
  2. Rocket Man
  3. Sacrifice

おわりに

いかがだったでしょうか。彼の多様な音楽性と才能が、これらの名曲を生み出し、世界中の人々を魅了しています。
これを機にぜひElton Johnを聞いてみてください。

Elton Johnを聞くならおすすめの他アーティスト

Billy Joel

ピアノをメインインストゥルメントとし、シンガーソングライターとして才能を発揮している点がエルトン・ジョンに似ています。彼の楽曲は、ポップ、ロック、クラシックなど、幅広いジャンルにまたがっています。

もはや生ける伝説、アメリカのシンガーソングライター、ビリージョエル。 そんなビリージョエルのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Bil...