Dua Lipaのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Daniel Åhs Karlsson [CC BY 3.0], from Wikimedia Commons
Pocket

2015年のデビューから一気に世界を注目させ、次世代のレディーガガとまでいわれているデュアリパ。
そんなデュアリパのおすすめの曲を紹介したいともいます。

Dua Lipaとは?

1995年生まれのロンドン生まれ。両親はコソボ出身。ミュージシャンだったの父の影響もあり、子供のころから歌手になる事を夢見る。14歳の頃からクリスティーナ・アギレラなどの歌手のカバー動画をYouTubeに投稿し、2015年にWarner Music UKと弱冠19歳で契約。10月に発売したセカンドシングル『Be the One』がベルギー、ポーランドで一位とヨーロッパとオセアニアで人気が出始める。2017年ファーストアルバム『Dua Lipa』をリリースし、各国でヒットする。DJ、マーティン・ギャリックスとのコラボレーションシングル『Scared to Be Lonely』をリリースし、さらに波に乗り、2017年8月に行われた「サマーソニック 2017」に出演し初来日をしました。

Dua Lipaのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Be the One(収録アルバム:Dua Lipa)

愛する男性との関係が終わってしまうことに対して、必死にあらがおうとしている女性のセンチメンタルな心理を歌った曲です。
Be The Oneというフレーズが切ないです。

Blow Your Mind (Mwah)(収録アルバム:Dua Lipa)

デュアリパの中では、軽い雰囲気のポップな曲。かなりキャッチーですね。サビとかノリノリになれますね。

Hotter Than Hell (収録アルバム:Dua Lipa)

メロウな雰囲気と煌々とした雰囲気が混ざり合った曲。カップルの熱々っぷりを地獄の灼熱で例えた曲です(笑)

New Rules(収録アルバム:Dua Lipa)


Dua Lipaを一気に有名にした曲といえばこれです。ダメ男を好きになった女性がなんとか誘惑を断つために自分に新しいルールを課す、そんな心理を歌った曲です。

Lost in Your Light feat. Miguel(収録アルバム:Dua Lipa)

愛情たっぷりのバラード。サビが切ないながらもどこか爽快です。ミゲルとのコラボはかなりしっくりきますね。

IDGAF(収録アルバム:Dua Lipa)


サイケデリックな雰囲気を多少感じるこの曲。
最低限の演奏隊とボーカルというシンプルな構成ですが、彼女が表す世界観は無限大です。

Scared To Be Lonely with Martin Garrix(収録アルバム:)

Martin Garrixの名義にDua Lipaが参加した局。

One Kiss with Calvin Harris(収録アルバム:)


スーパースターDJ、カルヴィン・ハリスとの共作。ファンク要素を含んだEDmという感じでしょうか
聴いていて安楽な気持ちになります。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. New Rules
  2. One Kiss
  3. Be The One

ファーストアルバム、Dua Lipaをまずは聞きましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。デュアリパのキュートながらもエキセントリックな世界観にはまったのではないでしょうか。けっこうな頻度で来日してくれているので、次の来日までにはぜひ曲を聞いといてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする