Arctic Monkeysのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Sxanthony [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
Pocket

最近のUKロックを代表するバンドへと見事に成熟したアークティックモンキーズ、通称アクモン。
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Arctic Monkeysとは?

Arctic Monkeysのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

I bet You look good on the dancefloor(収録アルバム:Whatever People Say I Am,That’s what I’m not)

アクモン伝説はここから始まった。畳みかけるようなイントロから一気に引き込まれ、
そこから一旦テンポは落ちるものの、なぜか終始アップアップで、それでいてグルーヴ感もあってかなり盛り上がる、まさに究極のアンセムです。
ロンドンオリンピックでも開会式に堂々と演奏されるくらいには、イギリスの国歌的存在だと思ってます(笑)

Dancing Shoes(収録アルバム:Whatever People Say I Am,That’s what I’m not)


口笛を吹きたくなるくらい小刻みにリズミカルなメロディに、場は一気にダンスフロアとかします。

When the sun goes down(収録アルバム:Whatever People Say I Am,That’s what I’m not)

哀愁感漂うアコースティックなイントロから一転して、エッジの効いたリフとともに一気に疾走します。サビでのコーラス含めた爆発感がたまらないですね。
そして、最後にはまた落ち着くという、聞き手をうならせてくれる曲です。

From The Ritz To The Rubble(収録アルバム:Whatever People Say I Am,That’s what I’m not)

テンポはやく疾走感もあり、鉛がかっこいいアレックスのラップのようなボーカル、耳に乗るギターリフ、所々強調されるベースライン、これらを総括しながらもサビではきちんと盛り上げるドラム。個人的に隠れた名曲だと思ってます。

The View From The Afternoon(収録アルバム:Whatever People Say I Am,That’s what I’m not)

衝撃のデビューアルバムの1曲目。シンプルで淡白なギターロックの曲です。

Brianstorm(収録アルバム:Favourite Worst Nightmare)

イントロのギターリフの渋さから一気に痺れさせられるハードでソリッドな曲。ドラムのビートが特にかっこいいです。
まさにロックしていてクールです。

Teddy Picker(収録アルバム:Favourite Worst Nightmare)

終始漂う不穏な感じが逆にたまらないです。なんか気づいたら体がノリノリに動いてます。リズムが天才的ですね。

Fluorescent Adolescent(収録アルバム:Favourite Worst Nightmare)

どこか寂れた雰囲気のするスローナンバー。これが二十歳のバンドの曲なのかっていうくらい風味があります。
聞いているとなんかノスタルジックな気分になります。

My Propeller(収録アルバム:Hamhug)

ズシリと重い雰囲気の中、淡々とアレックスのボーカルが侘しく響きます。この雰囲気が、現状にもがいている様をうまく表現してると思います。

Crying Lightning(収録アルバム:Hamhug)

不思議なテンポはまるで嵐に吹かれた船のよう揺られながらも、サビでは力強く歌い上げています。

She’s thunderstorm(収録アルバム:Suck it and see)

メロウながらもどこか開放的な雰囲気もある曲。全体的に優しい曲です。

Do I Wanna Know ?(収録アルバム:AM)

アルバムを5作も出し、一気に風格がついてきたアクモン
そんな彼らを象徴するかのような曲がこれ。衝撃のデビューからずっと一線級を走り続けた彼らが、たどり着いた一つの境地を感じます。
ヘビーなギターリフを織り交ぜながら、くねくねと曲がった道を歩いていくかのようなメロディのverse、立ち止まって振り返るかのようなbridge、そして哀愁たっぷりのサビと、たまらないですね。

R U Mine?(収録アルバム:AM)

不気味なリズムにのりながらもR U Mineというフレーズに毎回痺れさせられます。
カオスで不規則のようで、しっかりと聞き手の心をキャッチする曲構成に脱帽です。

I Wanna Be Yours(収録アルバム:AM)

とにかく落ち着く曲です、年を経てこういう曲も書けるようになりました。
コーラスと織りなすwanna be yoursのフレーズは、秀麗です。

Four out of five(収録アルバム:AM)

ベースラインとクリーンなギターがミステリアスな雰囲気を漂せており、しめにサビでゴスペルが聞けるという今までとは一線を画した曲。盛り上がる曲ではないですが、今までとは違う新たな境地に引き込まれます。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. I bet You look good on the dancefloor
  2. Brianstorm
  3. Do I Wanna Know ?

1stのWhatever People Say I Am,That’s what I’m not一択ですね。AMとかもいいっすけど。やっぱり衝撃的なこのアルバムからでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。2000年代のバンドですが、すでにUKを代表するバンドといって差し支えないです。ぜひ聞いてみてください。