Rage Against The Machineのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Penner [CC BY-SA]
Pocket

90年代に一世風靡し、後のニューメタル、ミクスチャーロックやヒップホップといった様々な音楽に多大な影響を与えた伝説のバンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Rage Against The Machineとは?

1990年にザック・デ・ラ・ロッチャ、トム・モレロ、ティム・コマーフォード、ブラッド・ウィルクの四人によって結成されたカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカ合衆国のバンドです。
1991年にデモテープを制作したものが、レコード会社の注目を浴び、エピックレコードと契約。1992年に1stアルバム「Rage Against Tha Machine」をリリース。
政治色の強い歌詞にラップとメタルを融合したいわゆるミクスチャーロックの先駆けとして世界的に爆発ヒットし、90年代ロックの金字塔として一気に世界の注目の的のバンドとなります。
1996年に2ndアルバム「Evil of Empire」リリース。
1999年に3rdアルバム「The battle of Los Angels」をリリースし、同年のウッドストックに出演するも、2000年に解散しました。
2007年にコーチェラフェスを機に再結成し、翌年には来日するも、2011年のライブ以降は再び活動を休止しました。
その後、2020年に再結成し、2007年同様コーチェラフェスを皮切りにライブ活動を再開しました。

のおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Killing in the Name(収録アルバム:Rage Against The Machine)

世界を震撼させた一曲。ヘヴィでダークなリフからはじまり、一言一言カミソリのようなラップがかっこいいです。
ラストの鬼気迫るスピーディーな展開は聞いているだけで、まさに昇天モノ。
ちなみに、ナゲット割って父ちゃんの空耳で有名ですね。

Bullet in the Head(収録アルバム:Rage Against The Machine)

タイトル通り、脳天に弾丸がぶち込まれたかのような衝撃を受ける曲です。
前半の怪しげなベースの陰鬱さといい、終盤のギターの疾走パートは絶頂ものです。

Know Your Enemy(収録アルバム:Rage Against The Machine)

シンプルにいい。
アメリカンドリームに対して皮肉めいた歌詞も最高にクール、そりゃ一世風靡しますわ。

Freedom(収録アルバム:Rage Against The Machine)


自由を渇望するかの如く躍動感あふれるメロディかと思えば時々訪れる静寂のギャップがたまらない曲。
ザックの鬼気迫るFreedom!!のシャウトにはノックアウトされます。

Bombtrack(収録アルバム:Rage Against The Machine)

1stアルバムの一曲目として、世に震撼を起こした曲。
この1曲だけでも、数多くのリスナーを虜にしたといっても差し支えないほどに、怒りの主張のラップ、イントロからなだれ込むかのようにはじまり、そこからシンプルながらも唯一無二のヘヴィでかっこいいリフと、まさにミクスチャーロックムーヴメントに火をつけました。

Bulls on Parade(収録アルバム:Evil Empire)

エッジのきいたギターリフがスリリングながらもテンションが上がります。ヘヴィでかっこいい。
テンポが速くなくてもそんなの関係なしです。
ライブだとさらに映える曲です。

People of the Sun(収録アルバム:Evil Empire)

中毒性の高いスクラッチのようなギターリフがかっこいいです。
軽快なビートも体を揺さぶってきます。サビの爆発感もいいですね。

Vietnow(収録アルバム:Evil Empire)


憤怒をまとったボーカルに、カミソリのように鋭いギターリフが聴き手を破壊するナンバーです。

Guerrilla Radio (収録アルバム:The Battle of Los Angeles)

イントロだけで即ノリノリにしてくれるチューン。リフにのっかるザックのラップがストレートにかっこいいです。ミクスチャーロックの良さが詰まっています。
PRIDEのテーマ曲としても使われました。

Testify(収録アルバム:The Battle of Los Angeles)

ドラムのビートに、すっきりとしながらもアグレッシブなラップがダイレクトに心に訴えかけてきます。
グルーヴィーなメロディもグッドです。

Sleep Now in the Fire(収録アルバム:The Battle of Los Angeles)

キャッチーながらもレイジらしいヘヴィなリフは健在です。
リズムとラップのユニゾンによる相乗効果がとにかくかっこいい。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Killing in the Name
  2. Know Your Enemy
  3. Guerrilla Radio

1st albumの金字塔、Rage Against The Machineから聞いてみてください。

おわりに

いかがだったでしょうか。ぜひ聞いてみてください。