Limp Bizkitのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Carlos Varela (https://www.flickr.com/photos/c32/5963018515/) [CC BY 2.0 ], via Wikimedia Commons
Pocket

2000年初頭に大ヒットしたニューメタルを代表するバンド、リンプビズキット。
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Limp Bizkitとは?

ヴォーカリストのフレッド・ダーストと友人のベーシスト、サム・リヴァースが1994年にフロリダ州ジャクソンビルにて結成。それにドラマーのジョン、ギターのウェス、クリエイターのDJリーサルを加えてバンドとしての形を成す。その後、同じくニューメタルの先駆者的バンド、KORNに気に入られデビューする。1997年に、1stアルバム『Three Dollar Bill, Yall$』をリリース。収録曲のジョージマイケルのカバー曲『Faith』を中心にヒットし、全米で200万枚以上のセールスを記録し、一気に有名バンドに。その勢いで、2ndアルバム『Significant Other』をリリース、これが全米で700万枚以上のメガヒットを記録し、ニューメタルの勃興と共に一気に確固たる地位を確立、そして2000年の3rdアルバム『Chocolate Starfish And The Hot Dog Flavored Water』では1200万枚以上と絶頂を迎える。しかし、2001年に音楽性の違いからギターのウェスが脱退、その影響からか4thアルバム『Results May Vary』では音楽性がガラッと変わり、スランプに陥る。
その後、ウェスが一時復帰したものの、勢いは取り戻せず再脱退し、それと共に活動はいったん休止になる。2009年に、ウェスが復帰し、活動を再開。そして、2011年に6thアルバム『Gold Cobra』をリリース、その後DJリーサルが、喧嘩により脱退するも2018年に復帰する。
現在は世界各地で定期的にライブを行い音楽活動を行っている。

Limp Bizkitのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Counterfeit(収録アルバム:Three Dollar Bill, Yall$)

荒々しいですが、それが逆に中毒的な曲。ベースリフがえげつないですね。
サビの爆発っぷりが爽快感たっぷりです!!

Pollution(収録アルバム:Three Dollar Bill, Yall$)

怒りに満ち溢れた曲、コーンのようなニューメタル色が強いです。フレッドのシャウトがラウドロックしていてかっこよいです。へヴィでブチ切れでキャッチーな不思議ながらもかなり魅力的な初期の名曲です。

Break Staff(収録アルバム:Significant Other)

とにかく内なる破壊衝動を駆り立ててくれる最恐の曲。とにかく暴れて周りにあるものをぶち壊したくなります。ヘビーなリフと軽快なフレッドのラップのコントラストが、妙に不気味でいいですよね。
NIKEのCMにも使われました。

Nookie(収録アルバム:Significant Other)

リンプビズキットを一気に有名にした人気曲。軽快ながらも変則的なリズムに乗って、ラップするフレッドがかっこいいです。まさにミクスチャーロックという感じのサビが最高です。

Re-Arranged(収録アルバム:Significant Other)

滑らかで美しく哀愁を帯びたメロディからの、後半部での一気に盛り上がるのがリンプの曲の構成力の高さを感じさせてくれます。
聞き終わった後は、どこか心が洗われたかのような感覚を覚えます。

Take a Look Around(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

ミッションインポッシブルⅡのテーマ曲にも使われたリンプの代表曲にして有名曲。テーマ曲のカバーという立ち位置ではありますが、もう完全に一つの曲として独立していますね。メロウなラップからのサビのアグレッシブなギターリフのかっこよさは、さすがの一言。

My Generation(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

キャッチーなマイジェネレーションというフレーズに一気にノリノリになる曲。うぇすの爆発リフはもちろんのこと、間奏部分の静かなとこから一気に爆発するとこのリフと、その後のDJリーサルのスクラッチが絵にも描けない素晴らしさです。

Rollin’ (Air Raid Vehicle)(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

ヘビーなリフにのっかって、リンプ節全開のパワフルな展開に、聞き手のテンションもマックスになりますね。グルーヴ感がまた最高ですよね。
WWEのプロレスラー、アンダーテイカーのかつてのテーマ曲でもありました。

My Way(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

リンプの中でもだいぶしっとりとした雰囲気で渋い曲。それでもしっかりとリンプ節たっぷりです。淡々としていながらもヘビーな雰囲気がたまらないですね。

Hot Dog(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

色々な意味でFUCKな曲。名盤の一曲からして、とにかく怒りを発散してるのが、聞いていて心地よいですね。サビの重厚感は流石。

Boiler(収録アルバム:Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water)

リンプの中でも聞き触りの良い曲。トゲトゲしさはないですけど、メロディアスなサビといい聞いていて爽快です。

Eat You Alive(収録アルバム:Results May Vary)

どちらかというとリンキンパークみたいな曲の気もしますが、キャッチーで聞きやすい曲だと思います。とにかくフレッドのシャウトが圧巻。

Gold Cobra(収録アルバム:Gold Cobra)

Bring it back(収録アルバム:Gold Cobra)

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Take a Look Around
  2. My Generation
  3. Rollin’ (Air Raid Vehicle)

メガヒットアルバム、Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Waterから聞きましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。ちょっとダサいかもしれませんが、とにかくノリノリでグルーヴィーな彼らの曲は今もなお色褪せない魅力があると思います。これを機にぜひリンプビズキットを聞いてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする