One Directionのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

photo by One Direction figures at Madame Tussauds Berlin | One Direct… | Flickr
Pocket

もはや世界的アイドルグループとなったワンダイレクション、通称1D。
そんな1Dのおすすめの曲を紹介したいと思います。

One Directionとは?

2010年にデビューした、イギリスおよびアイルランド出身のメンバーで結成されたボーイズグループ「ワン・ダイレクション(One Direction)」。当初はナイル・ホーラン、リアム・ペイン、ハリー・スタイルズ、ルイ・トムリンソン、ゼイン・マリクの5人組でデビューしたが、2015年3月にゼインが脱退し、ソロ活動に専念している。いまや世界的なアイドルグループですが、メンバー実はある意味で負け犬なんです。というのも同国の人気オーディション番組『X Factor』で落とされた経歴を持つのです。そんな失意の中、音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルによって見いだされ結成。ワン・ダイレクションが出演した「Xファクター」第7シーズンは、シリーズ最高平均視聴率を記録している。デビュー・アルバムの「Up All Night」はイギリス出身のアイドルのデビューアルバムとして、ビルボードチャートで1位に輝いた。2012年10月に発売したシングル『Live While We’re Young』は全米ビルボード・シングルチャート(Billboard Hot 100)で、イギリスのグループの初登場順位としては史上最高位の初登場3位を記録するなど、大ヒット。そんな中2015年にメンバーのゼインが突如脱退。凄まじい速さでスターダムを駆け上ってきたワン・ダイレクションは、2016年に、活動休止を発表している。

One Directionとは?のおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

What Makes You Beautiful(収録アルバム:Up All Night)

ワンダイレクションの初期の名曲にして代表曲。カラオケでもよく歌われていますね。
愛する女性の良いところを赤裸々にかつエモーショナルに歌っているのはたまらないですね。

One Thing(収録アルバム:Up All Night)

サビがキャッチーで非常にノリやすい曲だと思います。

Live While We’re Young(収録アルバム:Take Me Home)

すごくノリノリになれる曲。歌詞の内容も若いうちに楽しい事一杯やろうぜ!っていうポジティブな内容でいいですよね。

Kiss You(収録アルバム:Take Me Home)

コミカルで明るい曲。聞いてるだけでポジティブになれる曲です。

Little Things(収録アルバム:Take Me Home)

ゆっくりしたリズムに心地の良いアコースティックギターがのった素晴らしい曲。
いかに君のことが好きなのかということを具に伝えた曲。

Best Song Ever(収録アルバム:Midnight Memories)

キャッチーでノリノリなリードシングル。聞いてると元気になります。

Story of My Life(収録アルバム:Midnight Memories)

自分の過去のほろ苦い恋愛体験をアコースティックギターにのせて歌った曲。

Steal My Girl(収録アルバム:Four)

MVのメンバーがおしゃれでかっこいいですね。曲もキャッチーなしあがりとなっています。

Night Changes(収録アルバム:Four)

ゼインが脱退する前の最後のシングル曲。
若々しさを前面に押し出した曲。

Drag Me Down(収録アルバム:Made in the A.M.)

drag me downは引きずり落とすという意味であるが、自分たちはメンバーが一人脱退しようが、そんなことはされないぞ!という強い決意を感じる曲。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. What Makes You Beautiful
  2. Live While We’re Young
  3. Best Song Ever

特にっていうのはないんですが、What Makes You Beautifulが収録されている1stから順番に聞いていくのが良いんじゃないでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。とにかくイケメンで多彩で個性あふれるメンバーに、曲も良いものが多いという、最強のグループだと思います。今はメンバーが抜けたりした影響で、少し勢いは落ちていますが、きっとまた世界中を熱狂させてくれることかと思います。