Justin Timberlakeのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Georges Biard [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
Pocket

21世紀のキングオブポップと目されるジャスティン・ティンバーレイク
そんなJustin Timberlakeのおすすめの曲を紹介していきます。

Justin Timberlakeとは?

テネシー州メンフィスにて、イギリス人とネイティブ・アメリカンの血を引く両親の間に生まれる。1995年にポップグループイン・シンクに入り、最年少メンバーとして活躍。イン・シンクはヒットしトップアイドルとして2001年まで活動を続ける。その後、ソロキャリアをスタートし、ファーストアルバムJustifiedをリリースするとアメリカを中心に大ヒット、2003年のグラミー賞も受賞する。2006年、2ndアルバムFutureSex/LoveSoundsを発表。その後、一時期俳優業の方に活動をシフトするも、2013年に突如サードアルバム20/20 Experienceを発表し当然のようにビルボードチャート一位を獲得し、同年に次作20/20 Experience 2/2 もリリース。2018年には5thアルバムman of the woodsをリリースした。
まさに男女ともに虜にするナイスガイです。
そんなJustin Timberlakeのおすすめの曲を紹介していきます。

Justin Timberlakeのおすすめ人気曲、代表曲

Like I Love You Feat. Clipse(収録アルバム:Justified)


個人的に一番好きな曲。曲の構成がサイケデリックだけど素晴らしい。歌詞の内容とかティンバーレイクみたいなイケメンだからこそ許されるものですね。あまりにもストレートです。

Cry Me A River(収録アルバム:Justified)


クールさとダークさを兼ね備えた曲。なんたって自分をふった女に対して、今度は泣くのはお前の番だよ!ってあちらからの再アプローチを突き放す曲ですからね。

Rock Your Body(収録アルバム:Justified)


この曲を2003年に出せるって時点で、いかに彼が時代を先どっているかがわかります。ファンクなメロディがたまりませんね。下心ないとか言ってるけどどう考えても下心ありありな歌詞には笑っちゃいますね。

Sexyback (featuring Timbaland)(収録アルバム:Futuresex / Lovesounds)


セクシーな彼が音楽にセクシーさを取り戻すとか言ってる曲。確かにセクシーさたっぷりの曲だと思います。歌詞もティンバーレイクの攻めっぷりがうかがえていいですね!

My Love (featuring T.I.)(収録アルバム:Futuresex / Lovesounds)


EDMさ全開ながらも、ちゃんと彼らしい曲になっているのはさすが。シックでダンサンブルな曲です。歌詞の切ない感じが良いですねー

What Goes Around…comes around(収録アルバム:Futuresex / Lovesounds)


彼の特徴たるR&B要素が前面に押し出されている曲。聞いていると心が落ち着きますね。what goes aroundというフレーズのコーラスとのハモリもおしゃれ。

Suit & Tie Feat. Jay-Z(収録アルバム:The 20/20 Experience)


コミカルなホーンからはじまったかと思うと、気だるそうなコーラスになり、そこからジャスティンの美声とJay-Zのラップの不思議なコラボという、ドラスティックな展開が素晴らしい曲。

90年代から現代にかけてのヒップホップシーンを支えてきたレジェンドであり、ビヨンセの夫としても有名なJay-Z。 そんな彼のおすすめの曲を...

Mirrors(収録アルバム:The 20/20 Experience)


壮大ながらもポップなバラード曲。相変わらず癖になるメロディーです。恋愛の悩みや葛藤を鏡のメタファーをうまく用いています。

Not A Bad Thing(収録アルバム:The 20/20 Experience 2/2)


落ち着く曲調に彼の美声がきれいにミックスされている曲。アコギが心地いいですね。心が明るい感じになりますね。

TKO(収録アルバム:The 20/20 Experience 2/2)


不思議な曲ですね。アゲアゲでもなく、かといってしっとりでもなく、なんというか、かっこいい曲というのが正しい表現でしょうか。
ジャスティンの類まれなる才能が感じられる曲。

Love Never Felt So Good(収録アルバム:Xscape)


現代のKing of Popことジャスティンが今は亡きKing of Popとまさかのコラボを果たした曲。80年代の懐かしいモータウン感満載な感じが良いですね。

Can’t Stop the Feeling!(収録アルバム:Trolls)

聞いているこっちまで、幸せになれる。そんな、ポジティブな曲です。ノリノリにダンスしたいならぴったりな曲です。

Filthy(収録アルバム:Man of the Woods)


2018年、アラフォーになっても未だにかっこよさを感じられる曲。SFチックでサイケデリックさ満載な曲です。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Like I Love You Feat. Clipse
  2. Sexyback (featuring Timbaland)
  3. Mirrors

Justifiedから時系列に聞くかんじで良いのではないでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。彼のおしゃれさは∞なのでぜひ聞いてみてください!