Twenty One Pilotsのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Sry85 [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
Pocket

ライブパフォーマンスの奇抜さから、徐々に口コミで有名となり、いまやアメリカの若手アーティストの有望株の一つとなった21世紀型ニュー・ヒーローのトゥエンティ・ワン・パイロッツ。
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Twenty One Pilotsとは?

自動車工業都市のオハイオ州コロンバスから2009年に結成されたバンド。
2011年、ローカル・バンドとしては初めて1700人キャパの会場をソールド・アウトさせ、このニュースは一晩で全米中を駆け巡り、音楽業界から注目される存在になり、名門レーベルであるフュエルド・バイ・ラーメンと契約。2012年、アルバム・リリース前にも関わらず出演したFUJI ROCK FESTIVAL ’12ではレッドマーキーを満員にするほどの注目を集め、その年の12月にアルバム「ヴェッセル」リリースする。2015年にリリースした4thアルバム『Blurryface』はついに全米1位を記録した。そして、第59回グラミー賞で、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンスを受賞した。

Twenty One Pilotsのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

Car Radio(収録アルバム:Regional at Best)

淡々としたラップですが、それが逆にリアルでかっこいい。終盤のキラキラEDMかのようなメロディもいいですね。
車上荒らしにあった経験を基にした曲らしいです。

Guns for Hands(収録アルバム:Regional at Best)


軽快なリズムと飛び跳ねたくなるような電子音のコンボが、聞き手を熱狂させてくれる曲。
RIGHT-ON 2012A&WのCMでも使われました。

Holding on to You(収録アルバム:Regional at Best)


迫力的なラップとサビのキャッチーさの切り替えが曲に豊かなアクセントを加えています。

Migraine(収録アルバム:Vessel)


ボイスチェンジを用いたボーカルと、クリーンなラップ部分とで構成されている曲。シンプルなメロディですが、表現は多彩で素晴らしいです。

The Run and Go(収録アルバム:Vessel)


電子オルガンの軽快なリズムと楽し気なボーカルがきいていて心地良さを与えてくれる曲。
聞いていると思わず、体をノリノリにリズムに合わせて動かしたくなります。

Semi-automatic(収録アルバム:Vessel)


ピコピコメロディの電子音が癖になる曲。サビに向けての徐々に盛り上がっていく感じもいいですね。

Stressed Out(収録アルバム:Blurryface)


一気に21パイロッツの知名度を上げた曲。EDM色が強くなりましたが、これは進化と捉えましょう。
妙なハウスのような雰囲気に、相変わらず切なさの表現が上手いボーカルが、曲の緊張感を良い感じに保っています。

Lane Boy(収録アルバム:Blurryface)

終始、緊張感あふれる雰囲気の中、電子音やボーカルがリフレインしたりと、彼らの中ではかなりハードコアな曲。
ヒットチャートによって音楽が評価される現状を、皮肉った曲。

Ride(収録アルバム:Blurryface)

若干、トロピカルのサイケデリックさを感じる曲。
相変らずドラムのビートだけで雰囲気を創り上げるのが上手いですよね。
サビのレゲエ色の強い雰囲気は、癖になりますね。

Heathens(収録アルバム:Blurryface)

彼らの曲の中では全体的にかなり落ち着いた雰囲気の曲。この曲は古参のファンと新規のファンとの対立がテーマになっているものだといわれています。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Stressed Out
  2. The Run and Go
  3. Car Radio

おわりに

いかがだったでしょうか。軽快なエレクトロポップが聞いていて心地良くないですか??
彼らはけっこうな頻度で来日してくれるので、次の来日を楽しみにしましょう!!