Biffy Clyroのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

By Antje Naumann (AllSystemsRed) [CC BY-SA 3.0 or CC BY-SA 3.0 ], from Wikimedia Commons
Pocket

欧州を中心にヒットしているスコットランドの骨太ロックバンド、
そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。

Biffy Clyroとは?

スコットランド出身のロック・バンド。1995年、サイモン・ニール(Vo/G)とジェームズ(B)&ベン(Ds)のジョンストン兄弟で結成。2002年にベガーズ・バンケット・レコードから1stアルバム『Blackened Sky』を発表しインディーズ・デビュー。地道に音楽活動をし、徐々に英国内での評価を獲得していく。
そして、2004年に3rdアルバム『Infinity Land』をリリースすると、メジャーレーベルから注目を浴び、ワーナー傘下の14th Floorに移籍しメジャー進出。Red Hot Chili Peppersやthe who,the Rolling Stonesといった各大物バンドのオープニング・アクトを数々こなす中で、シーン内で着実にその注目度を高めてきた。
その結果、メジャー初・自身4thアルバム『Puzzle』で英国チャート2位のヒットを生む。それにより各フェスでもヘッドライナー~準ヘッドライナー級の扱いとなり、そのライブパフォーマンスで更なるファンを獲得。ついに、2013年に5thアルバム『Opposites』でついに英国チャート一位を獲得する。
そして、2016年に6thアルバム『Ellipsis』をリリース。これも英国チャート一位となり、人気ロックバンドとしての地位を確固たるものとした。
日本にも2008年に初来日を行い、以後定期的に来日している。

Biffy Clyroのおすすめ人気曲、代表曲、アルバム

57(収録アルバム:Blackened Sky)


ビッフィ・クライロの初期の代表曲で現在も演奏され続けている。ハードコア色が強いですね。粗削りな感じが逆にいい味を出しています。

Glitter and Trauma(収録アルバム:Infinity Land)


ミドルテンポのロックチューン。この頃からハードコア路線から王道ロック路線になってきた気がしますね!
最後の部分のシャウトがかっこいいです

Living Is a Problem Because Everything Dies(収録アルバム:Puzzle)


静かなイントロから、一気に激しくハードな展開に度肝を抜かれる曲。なんていうか、かっこいいリフに変則的でドラマティックな展開にプログレッシブメタルさを感じる曲。とにかくかっこいいの一言に尽きますね。

Who’s Got a Match?(収録アルバム:Puzzle)

コミカルなリフが心躍るナンバー。ポップパンク色が強いですね。リフのシンプルさが良いですよね。

Machines(収録アルバム:Puzzle)


落ち着いた雰囲気のバラード。ライブ版でのアコースティックの演奏は必見。心の波が穏やかになっていく、心地よい曲です。

9/15th(収録アルバム:Puzzle)

神妙でミステリアスな雰囲気の曲。楽器が徐々に狂気を持ち始め暴れていく様は聞き手の心を不安にすると同時に、どこか興奮を与えてくれますね。

Mountains(収録アルバム:Only Revolutions)

ピアノの綺麗な旋律から始まる曲。妙に変則的なリズムのverseからのサビへの流れは、一種のカタルシスを感じます。
この曲が流れるとライブも終盤だな~って感じますね。

Bubbles(収録アルバム:Only Revolutions)

ポップながらも落ち着いた曲。それでも、バックのギターのリフがノリノリで、聞きながら飛び跳ねたくなる曲。
ライブの時のサビのモッシュは、激しすぎないノリノリなのですごく心地よいです。さらに終盤の盛り上がりは、まさに各パートが思いっきり暴れまくって、ロックしていてかっこいいです。

Many of Horror(収録アルバム:Only Revolutions)

しっとりとしたビッフィクライロの必殺バラード。とにかくボーカル、演奏陣、すべてが優しさで包まれている曲ですね。それでも、間奏の激しさはビッフィ・クライロらしさを感じますね。
The X Factorの勝者、Matt Cardleにカバーされたことにより、一般的な知名度も獲得した曲。

That Golden Rule(収録アルバム:Only Revolutions)

この激しい疾走感、ラウドロックしていてカッコイイですね。まさに疾走チューンですね。
かと思えば、後半部分ではストリングを交えたクラシカルな雰囲気とハードロックの融合という壮大な展開。とにかく終始飽きない曲ですね。

The Captain(収録アルバム:Only Revolutions)

妙に哀愁差を漂わせたバラード。メロウなんだけど、どこかアンセム的な盛り上がりも感じられるという両面性を持った曲。なんていうか優しい曲ですね。

Black Chandelier(収録アルバム:Opposites)

相変わらず、静と動の切り替わりが得意なバンドですよね。落ち着いた感じのverseから一気にハードな音になるサビの転換が堪りませんね。一緒にBlack Chandelierとシンガロングしたくなりますね。

Biblical(収録アルバム:Opposites)

ビッフィ・クライロのロックバラード。サビの陰の踏みっぷりが心地よいですね。
ストリングスが余計にエモさとノスタルジックさを感じさせてくれます。

Stingin’ Belle (収録アルバム:Opposites)

このハードな感じ、パパローチみを感じますね。激しいイントロからの落ち着いたverseというビッフィの王道パターン。サビの爽快感もいいですね~、Stingin’ Belleのフレーズが妙なテンダーさを感じます。

Wolves of Winter(収録アルバム:Ellipsis)

リズミカルなリフに心が跳ねますね。ロックしていていいですね。とにかく響き渡る激しいドラムのビートが心地よいですね。

Re-arrange(収録アルバム:Ellipsis)

しっとりとした雰囲気のバラード。とにかく関係を改善したい男の切ない気持ちをエモーショナルに歌い上げています。ロックというよりはトラップっぽさを感じる曲です。

まとめ

個人的にまず聞いてほしい曲。アルバム

  1. Bubbles
  2. Many of Horror
  3. Living Is a Problem Because Everything Dies

おわりに

いかがだったでしょうか。今の時代にある意味では珍しいストレートなロックバンドじゃないでしょうか。
本国イギリスを中心にもはや世界的なロックバンドなので、ロック好きやそうでない人もぜひ聞いてみてはどうですか??

Biffy Clyro好きにおすすめのアーティスト

Foo Fighters

こちらはアメリカのモンスターロックバンド、フー・ファイターズ。渋い感じとか結構似ていると思います!

アメリカを代表する世界的ロックバンド、フー・ファイターズ。 そんな彼らのおすすめの曲を紹介したいと思います。 Foo Fightersと...